MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/04/28
  • HYPER REV編集部 渡辺 文緒

RAYSが香港で発表会を開催した意味とは?

絶好調のRAYSが進めるアジア地域戦略の最前線を見た

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京オートサロンで発表された新商品TE037DURAにも高い関心が。
アフターマーケット向けのホイール販売が絶好調と言われるRAYS。35GT-Rの純正ホイールOEMをはじめ、その技術力の高さは多くのユーザーの知るところとなっているが、次なる一手としてRAYSが関心を寄せているのが、中国を中心としたアジア市場だという。

ホイールメーカーのRAYS(本社・大阪)が、香港で『RAYS WORLD TOUR』という名の新商品展示説明会を、アジア各国地域のバイヤーやショップオーナーに向けて開催しました。

この発表会は、中国・香港地区をはじめ、アジア地域各国への販売拡大をめざし、改めて現地販売関係者・社やメディアにRAYSの新商品を直接紹介するとともに、関係性を深めてより信頼関係を築いていこうというもの。

発表会初日となる3月14日、展示会場には中国・香港の自動車メディア15社、現地ディストリビューター、販売ショップなど100名が集まりました。

日本からは三根茂留代表取締役社長をはじめ、VOLK Racingの山口浩司クリエイティブプロデューサー、gramLIGHTSの加藤照幸エグゼクティブプロデューサーといった開発陣トップも出席。現地ユーザーの要望や、販売サイドとの直接の意見交換を実施しました。

冒頭、三根社長は「中国・香港を筆頭に、アジア各国でのRAYSのホイール販売が飛躍的に向上しています。こうした状況を踏まえ、中国・香港を中心としたアジア市場をさらに広げていきたいと考えています」と挨拶。

すると、出席者からは「RAYSのホイールをもっと売りたいので、サイズやカラーを揃えてほしい」といった意見とともに具体的なサイズやカラーを求める声や「RAYSはすでにとても有名なホイールとして中国人にも知られているので、これからは、もっと『なぜ、RAYSのホイールは性能が良いのか』といった情報を伝えてほしい」といった要望が寄せられました。

また、加藤役員は「今から中国市場に出るには、当然そうした細かい要望に応える必要があると認識しています」と。
山口役員も「現地のニーズをぜひ商品開発に活かしていきたい」と前向きなコメント。

三根社長も「RAYSへの期待感がひしひしと伝わってきた。RAYSとは何か、なぜクオリティが高いのかということを、さらに真摯に伝える必要がありますね」と、中国・香港市場における予想以上の意識の高さに驚いている様子でした。

新商品に関する技術説明を熱心に聞く参加バイヤー。

日本国内のホイール販売が絶好調と言われているRAYSですが
それでも日本経済の鈍化やカスタマイズ需要の低下などの懸念材料があり
今後の展望を決して楽観視はしていないようです。

反面、高級車販売の伸びが著しい中国やタイ、シンガポール、インドネシア、マレーシアといったアジア・東南アジア諸地域における
ハイエンドホイール販売の伸びも顕著だということで、当然そうした需要に対応した供給体制の強化や、営業体制の再検証・再構築の必要性が急務だということでしょう。

攻めのRAYSの次の一手に注目が集まります。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る