MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/05/02
  • 遠藤正賢

モーターファンフェスタ2017の出展エリア内に現れた魅力的な体験型イベントをPick up!

三菱は4WD、ホンダはレーシングカーのコックピット、マツダは…エンジンの砂型鋳造!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「これが三菱クリーンディーゼル&4WDの実力!」で45°の急坂をバックで登るパジェロ(奥)と、階段を昇るデリカD:5(手前)
4月30日(日)に富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ2017」(http://motorfanfesta.com/)には、日本や世界を代表する自動車メーカー、部品メーカー、チューニングショップが数多く出展し、ピットおよびピット裏広場にブースを構えた。その中で特に来場者の人気を集めた、魅力的な体験型イベントを実施していたブースをご紹介しよう。

三菱は、全国各地でキャラバンを展開しており、毎回その同乗試乗整理券がすぐに配布終了になるという人気コーナー「これが三菱クリーンディーゼル&4WDの実力!」を、モーターファンフェスタ2017に持ち込んだ。

今回会場に用意されたのは、車両がデリカD:5とパジェロのクリーンディーゼルモデル。試乗コースは最大傾斜45°・100%勾配の急坂登坂体験、大きな段差が続く階段昇降、20°の斜面を横切るキャンバー走行の3種類。

パジェロの右前輪を浮かせながらも20°の斜面をクリアする増岡浩選手

2002・03年のパリ・ダカールラリーで総合優勝した増岡浩選手がパジェロを、2010年のFIAアジア・パシフィックラリー選手権でシリーズチャンピオンとなった田口勝彦選手がデリカD:5をドライブした。

パジェロとデリカD:5が持つゆとりの低速トルクとトラクション、ロードクリアランスでこれら難コースを軽々とクリアしていくのもさることながら、今回特に目を引いていたのは、増岡選手のドライブするパジェロが、45°の急坂を後ろ向きに登っていたことだ。

全幅が1875mmあるパジェロにはお世辞にも余裕がある道幅とは言えず、横風などの影響を受けて斜めに走行すれば即座に転落しかねない急坂を、事も無げにまっすぐ力強く登っていく、しかもバックで!

数多くの出展ブースがひしめき合うピット裏広場のどこからでも見届けられる高さまで、パジェロをバックで登坂させるという、その度肝を抜くパフォーマンスで多くの来場者を魅了していた。

中学生以下限定のNSXコンセプト-GTコックピット体験は親子連れが中心

一方、ピット内にブースを構えたホンダは、2016年シーズンのF1の投入されたマクラーレン・ホンダMP4-31と、2014~16年のスーパーGT・GT500クラスを戦ったNSXコンセプト-GTのドライバーズシートに座ることができる「コックピット体験」コーナーを展開していた。

このうちNSXコンセプト-GTには中学生以下という年齢制限が設けられていたが、その室内を覗いてみるとロールケージが複雑に張り巡らされており、確かに身体が小さく柔らかいうちでなければ乗り込む前に怪我してしまいそうな気配が濃厚。

だがロールケージを乗り越えた先のシートは着座位置が非常に低く、小学生低学年以下の子どもが乗り込むとシートにすっぽりと収まってしまうため、親たちはその様子を微笑ましい面持ちで見守っていた。

マクラーレン・ホンダMP4-31のコックピット体験ではスタッフが記念撮影

対して年齢制限のないマクラーレン・ホンダMP4-31は、昔からのF1ファンとおぼしき大人がすすんで乗り込み、満面の笑みでスタッフの記念撮影に応じる姿が度々見られた。

整理券がプラチナチケットと化した鋳造体験コーナーで砂型の製作にチャレンジする来場者

ここではロータリーエンジン用ローターの製造に使用された鋳型と完成品を見ながら、木枠に砂を込めていき砂型を製作。できあがったらスタッフが熔解した金属を鋳込み、鋳込んだ金属が冷えた後に砂型を離型させると、ローターをモチーフにした鋳物が完成する、という一連の工程を体験することができた。

砂型鋳造で完成したローターの鋳物

この砂型鋳造は、現在のスカイアクティブ-GおよびDのシリンダーヘッドを製造する工程にも部分的に用いられているが、それをマツダの生産スタッフ以外が体験できる機会は滅多にない。会場オープン後に開始された整理券の配布は瞬く間に終了し、マツダファンの技術に対する知識と関心度の高さを示していた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る