MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/05/08
  • 遠藤正賢

グランスポーツ伝統のブルーをまとったコルベットはわずか限定5台!

GMジャパン、「シボレー・コルベット グランスポーツ アドミラルブルーヘリテージ」を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
シボレー・コルベット グランスポーツ アドミラルブルーヘリテージ
ゼネラルモーターズ(GM)ジャパンは、6.2L V8 OHVエンジンを搭載するアメリカンFRスーパースポーツ「コルベット」に、限定5台の特別仕様車「グランスポーツ アドミラルブルーヘリテージ」を設定。4月5日に受注を開始した。

昨年11月に日本導入された、NAエンジンにワイドボディを組み合わせた新グレード「グランスポーツ」は、1963年に初代コルベットでル・マン24時間耐久レースのGTプロダクションクラスに参戦すべく、ホモロゲーション取得のため開発された超軽量ハイパワーモデルを由来としている。

なお、初代コルベット グランスポーツは最低でも125台生産する計画だったが、5台を生産した時点でGMがワークス参戦休止を発表。初代グランスポーツの生産もストップし、5台はプライベーターに手渡された。

その後、4代目コルベットのラストイヤーとなる1996年、初めて量産モデルで「グランスポーツ」の名を冠した1000台限定車「グランスポーツスペシャルエディション」を設定。アドミラブルーのボディカラーにアークティックホワイトのストライプ、左フロントフェンダーにあしらった赤のハッシュマーク、ブラックのホイール、リヤフレアフェンダーをまとい、330psのLT4型エンジンを搭載した。

さらに2010年、先代6代目コルベットにおいても、7L NAエンジン搭載モデル「Z06」のワイドシャシーを6.2L NAエンジンに組み合わせたグレードに「グランスポーツ」の名が用いられている。

白のストライプはルーフとボンネット後半、トーチレッドのハッシュマークは左右フェンダーに装着

「グランスポーツ アドミラルブルーヘリテージ」は、「グランスポーツ」のクーペ・8速AT車をベースに、4代目グランスポーツスペシャルエディションと同様、アドミラブルーの外装色に白のストライプ、トーチレッドのハッシュマークを装着。

室内は、インパネやステアリング、高性能グレード「Z06」譲りのコンペティションスポーツバケットシートに、スエード調マイクロファイバーがアクセントとして用いられた黒でコーディネートされている。

限定台数は初代コルベット グランスポーツと同じく5台とされ、価格は12,800,000円。

スエード調マイクロファイバーがアクセントとして用いられた室内

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る