MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > 三菱 > コルト > 「三菱オートギャラリー」がリニューアルオープン
  • 2017/05/18
  • Motor Fan illustrated編集部

「三菱オートギャラリー」がリニューアルオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
当時は巨大に思えた初代デボネアも、4670×1690×1465mmという寸法だった
三菱自動車から「『三菱オートギャラリー』がリニューアルオープン」というお報せが届いた。
そういえばずいぶん前にいったことがあったな──という記憶を辿ってみた。

三菱自動車からニュースリリースが届いた。

(以下)
======================================
三菱自動車は、岡崎地区の技術センター内にある展示施設「三菱オートギャラリー」を全面的にリニューアルし、22日よりオープンします。

「三菱オートギャラリー」は、“往年の名車”や競技参戦車、エンジンなどを展示する施設として1989年に開設されました。地元の小学生をはじめ、国内外の多くのお客様にご来館いただいてきました。

今回のリニューアルでは、展示スペースを「三菱の自動車のはじまり」「時代を駆け抜けた車たち」「極限に挑戦した車たち」の三つのゾーンに再編。喫茶スペース「MAG café(マグカフェ)」も新たに設けました。

《三菱オートギャラリー 概要》
名称 三菱オートギャラリー
所在地 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地(技術センター内 技術本館1F)
開館時間 月~金 8:15~17:15 (12:30~13:30を除く) ※要予約
休館日 土・日曜日および当社休業日(夏季連休、冬季連休等)
入場料 無料
ご予約・お問い合わせ先 0564-32-5203

【主な展示内容】
(1)「三菱の自動車のはじまり」・・・日本初の量産乗用車として誕生した『三菱A型』をはじめ、後の自動車生産の基盤となる三輪車やスクーターなどを展示
(2)「時代を駆け抜けた車たち」・・・高度経済成長期を経て世の中が豊かになり、個性的でスポーティーなモデルへの要望が高まる中で登場した『ギャランGTO』をはじめとするGT・スペシャリティーカーなどを展示
(3)「極限に挑戦した車たち」・・・第1回日本グランプリ自動車レースやパリ・ダカールラリーへの参戦など「ラリーの三菱」の名を世界に刻むことになる挑戦の歴史を紹介
======================================
(以上)

仕事柄、岡崎地区技術センターにはよく行っていて、
そのときのいずれかで確か「オートギャラリーってのがあるんですよ」
と広報さんにご案内をいただいたことがある。毎月のようにお邪魔していたのに、
敷地内にそんなすばらしい施設があるとは知らず、時間もあったのでぜひと、
うかがって中を見せてもらうことにした。日付を追ったら、2013年4月のことである。

確か、建物に入ってすぐの写真。三菱A型(1917年:ただしこれはレプリカ)を筆頭に、PX33(1935年:これもレプリカ)、ヘンリーJ(1952年)、ヒルマン・ミンクス(1958年)と、ビンテージ勢が並ぶ。

スクーターたち。シルバーピジョンのブランドネームで1946年から64年まで、各種モデルが製造されている。富士重工業のラビットとともに、戦後直後の庶民の移動手段として重宝された。手前の紺色が初代C-10型(1946年)。

三菱GDI。1996年の4G93型は量産車世界初の筒内燃料直接噴射式ガソリンエンジンだった。リーンバーン運転としていたためNOx発生が不可避、また直噴に不可避のすすの発生が抑えられず、2007年にターボ過給仕様を含めすべて生産を終了している。

ギャラン2ドアクーペシリーズ。GTOとかFTOって聞いて、90年代を思い浮かべるか、それともこちらを考えるか。初代FTOはぴちょんくんのようでかわいいです。ギャランΛ(ラムダ)が好きでした。

コルトシリーズ。2台目に映る「コルト1000F」はなんと3ドアファストバックスタイル。当初は2ドア、のちに3ドアハッチバック、そして5ドアも追加された。3台目の「ニューコルト1200」もクリーンなデザインで好感。

軽自動車たち。ミニキャブってクルマはこれが始祖のようです。キャブオーバ型の小さなトラックだからミニキャブ? ミニカの2種は、心なしか勇ましい印象。説明文を読むとスポーツ仕様として仕立てられたクルマのようで、納得。70年代らしい若々しい塗色である。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る