Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデスAMG|MERCEDES AMG
  4. Eクラス

4L V8ターボで612ps・850Nmを叩き出す、ドリフトモードを備えたモンスターAWDサルーン Eクラス史上最速の「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC +」降臨!

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデスAMG E 63 S 4MATIC +

メルセデス・ベンツ日本は5月31日、ミドルラージサルーン「Eクラスセダン」に超高性能モデル「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC +」を追加。同日より販売開始した。

M177型4L V8直噴ガソリンツインターボエンジン
「メルセデスAMG E 63 S 4MATIC +」の心臓部には、「メルセデスAMG GT」と基本設計を同じくする4L V8直噴ガソリンツインターボ「M177」型を搭載。クローズドデッキの砂型鋳造アルミクランクケースに鍛造アルミピストンを組み合わせ、充分な強度を確保しながら軽量化した。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングし、フリクションロスを低減している。

Vバンクの内側に搭載される2基のターボチャージャーとコモンレール機構、鍛造アルミピストン、コンロッド、クランクシャフト
また、2基のターボチャージャーをVバンクの外側ではなく内側に配置。エンジン容積を小型化しつつターボチャージャーへの吸排気経路をスムーズにし、さらにツインスクロール化することで、主に低回転域のレスポンスを改善した。

これらの改良によって、先代より排気量を1.5Lダウンサイジングしながら、最高出力は先代より27ps高い612ps、最大トルクは50Nm高い850Nm、0-100km/h加速も先代より0.2秒速い3.4秒を実現している。

硬さを自動で調整する磁性流体エンジンマウント
一方、「Comfort」モードで走行中、1,000~3,250rpmで低負荷の際に、2・3・5・8番のシリンダーを休止する気筒休止機能を初めて搭載。各種センサーからの情報によりドライビングの状況を検知して、硬さを自動で調整する磁性流体エンジンマウントを搭載し、さらに排気管内に3つの連続可変エグゾーストフラップを備える「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準装備し、環境性能や快適性も向上させた。

AMG 4MATIC+とAMGスピードシフトMCTのシステム構成

そして、従来の50:50固定式「4MATIC」に対し、前後トルク配分を50:50から0:100の範囲で電子制御できるよう進化した新しい四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を搭載。このシステムには、駆動配分を0:100の完全後輪駆動にする「ドリフトモード」が備えられており、走行状況に応じてロッキング機構を電子制御することでトラクションを高める電子制御LSDと合わせ、FR車と全く同様のドリフト走行を可能としている。

トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを採用し、伝達効率を高めシフトチェンジスピードを速めた電子制御式9速スポーツトランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。一般的なトルコンATに見られる損失を低減しつつ軽量化することで、燃費とレスポンスの向上を図っている。また、シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能も採用した。

AMGライドコントロールスポーツサスペンションを採用した前後サスペンション

足回りには、「エアボディコントロールサスペンション」をベースにメルセデスAMGが開発した「AMGライドコントロールスポーツサスペンション」を装着。コーナリング時やブレーキング時には瞬時にスプリングレートを硬くすることで、操縦安定性をより一層高めている。

また、走行状況に合わせて各輪を電子制御する連続可変ダンピングシステムを採用。「Comfort」「Sport」「Sport+」の3モードから、好みに合わせてセンターコンソールのスイッチで選ぶことが可能となっている。なお、高速走行時は、安定性を向上させるため車高が自動的に下がるよう制御される。

フロントは265/35R20 99YのピレリPゼロと390×36mmドリルドベンチレーテッドディスクブレーキを装着
ホイールはフロントが9.5J×20、リヤが10J×20の、センターロックホイールデザインを採用したマットブラックの鍛造アルミ。タイヤはフロントが265/35R20、リヤが295/30R20だ。

リヤは295/30R20 101YのピレリPゼロと360×24mmドリルドベンチレーテッドディスクブレーキを装着
ブレーキはフロントが390×36mm、リヤが360×24mmの、軽量コンポジットを採用したドリルドベンチレーテッドディスク。絶対的な制動力と体フェード性を確保するだけではなく、ばね下重量軽減にも配慮した。

スーパースポーツ顔負けの超高性能を全身で主張するエクステリア。写真はAMGカーボンパッケージ装着車

外観は「メルセデスAMG E 43 4MATIC」とも異なる、Aピラーより前方を専用デザインとしたもの。ボンネット開口部がバンパーとフェンダーの内側に入り込んだクーペ的なデザインとされたほか、フロントフェンダーはトレッドとタイヤ・ホイールサイズのアップに対応しワイド化され、フロントバンパーは冷却性能向上のため開口部が拡大され、ルーバーの形状も変更されている。

リヤもオーバーフェンダーやトランクリッドスポイラー、ディフューザー形状のスカート、前述の「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」が備えられ、抜き去ったクルマにその高性能を力強く主張するデザインが与えられた。

ラテラルサポートを強化したフロントシート
室内では、フロントシートのラテラルサポートを強化したほか、クローズドサーキットでラップタイムを記録できる「レースタイマー」機能を搭載。ダッシュボードにはナッパレザーが貼られ、センターコンソールにはIWCデザインのアナログ時計が装着されるなど、スポーツ性と高級感が同時に高められている。

スパルタンながら高級感も兼ね備えた運転席まわり

価格は1774万円。ステアリングの位置は左右のいずれも選択可能となっている。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ