MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/12
  • 遠藤正賢

「フィアット500Xラウンジ」は都会的な外観とオフロード性能を兼ね備えた100台限定車!

カタログモデルにはない「ポップ」系の外観に「クロスプラス」のパワートレインを組み合わせたモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加
フィアット500Xラウンジ。ボディカラーはベージュ・カプチーノ
FCAジャパンは8月9日、フィアット500のクロスオーバーSUVモデル「500X(チンクエチェントエックス)」に、カタログモデルでは設定されていないエクステリアデザインとパワートレインを組み合わせた限定車「ラウンジ」を設定。8月26日より100台限定で販売開始することを発表した。
フィアット500Xラウンジの4×4システム(左)および9速AT(右)

ベースモデルは、170ps・25.5kgm仕様の1.4L直4直噴ターボエンジンに9速AT、4×4システムを組み合わせた最上級グレード「クロスプラス」。

「ポップ」系の外装にルーフレールを装着したフィアット500Xラウンジのリヤまわり

エクステリアは、140ps・23.5kgm仕様の1.4L直4直噴ターボエンジンに6速DCTを組み合わせるFF車「ポップスター」および「ポップスタープラス」がベースとされ、両グレードの特徴であるアーバン志向のデザインに、アウトドアのイメージを演出するルーフレールが装着された。

予防安全装備はベースモデルと同様に充実しており、「クラッシュミティゲーション付前方衝突警報」、「レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)」、「ブラインドスポットモニター」、「リアパーキングカメラ」、「アダプティブクルーズコントロール」などを搭載している。

ブラック/ダークグレーのレザーシート

ボディカラーは7月1日マイナーチェンジで追加されたベージュ・カプチーノ、内装色はレザー仕様のブラック/ダークグレー、ハンドル位置は右のみ。価格は「クロスプラス」と同じ3,391,200円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る