MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/25
  • 遠藤正賢

マツダがアクセラの全車に「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備!

「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」における最上級ランク「サポカーS・ワイド」に該当

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダ・アクセラセダン15XD
マツダは8月24日、ミドルサイズセダン「アクセラセダン」および5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」に、予防安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)を」全車標準装備するなど一部改良。同日より予約受付を開始し、9月21に発売することを発表した。

マツダ・アクセラスポーツ15S Lパッケージ

今回の一部改良では全車に、車両と歩行者の検知が可能な衝突被害軽減ブレーキ「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」、AT車のペダル踏み間違い事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」、「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」(「15C」「15S」「15XD」「ハイブリッド-C」)または「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」(「プロアクティブ」と「Lパッケージ」の全機種)を標準装備。

これにより「CX-3」「CX-5」「アテンザ」と同様に、経済産業省や国土交通省が普及啓発を推進中の「安全運転サポート車(セーフティ・サポートカー)」における最上級ランク「サポカーS・ワイド」に全車を該当させている。

「360°ビュー・モニター」の作動イメージ

さらに、車線変更時などに斜め後方から接近する車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る際などに接近する車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」も全車標準装備。そして、車両周囲の状況をモニターで確認できる「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初めて採用している。

アクセラスポーツ15S Lパッケージのホワイトレザー内装

また、1.5L直4直噴ターボディーゼルエンジン「スカイアクティブ-D 1.5」をアクセラセダンへ新設定するとともに、室内の質感と快適性を高める「Lパッケージ」を1.5Lガソリンエンジン車にも追加。そのほか、新世代の3コートメタリック色「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新色として設定した。価格はアクセラセダン、スポーツとも1,825,200~3,310,200円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る