MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/08/27
  • 遠藤正賢

メルセデス・ベンツEクラスに高性能PHV「E 350 e アバンギャルドスポーツ」が仲間入り!

全グレードにテレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」を標準装備

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツE 350 e アバンギャルドスポーツ
メルセデス・ベンツ日本は8月24日、ミドルラージサルーン/ワゴン「Eクラス」を一部改良するとともに、セダンへプラグインハイブリッドモデル「E 350 e アバンギャルドスポーツ」を追加。同日より販売開始した。
メルセデス・ベンツEクラスセダン(左)、ステーションワゴン(右)

全車共通の変更点としては、「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、「リモートパーキングアシスト」などを3年間無償で提供する「快適サービス」、メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービスを1年間無償で提供する「おもてなしサービス」(E 400 4MATICエクスクルーシブ(セダン/ステーションワゴン)、メルセデスAMG Eクラスモデルが対象)の3つのサービスカテゴリーで構成されるテレマティクスサービス「メルセデスミーコネクト」を標準装備している。

セダンでは、「E 200アバンギャルドスポーツ」「E 220 dアバンギャルドスポーツ」において、オプション設定のレザーパッケージにヘッドアップディスプレイを追加。「E 250 アバンギャルドスポーツ」にはヘッドアップディスプレイを標準装備するとともに、センタートリムをインテリアトリムと同素材の木目調のデザインに変更し、質感をアップした。

「E 400 4MATICエクスクルーシブ」は、放射状に広がる18インチマルチスポークアルミホイールを新たに設定。さらに、インテリアトリムとセンターコンソールを木目調のデザインに変更し、ヘッドアップディスプレイを標準装備するとともに、オプション設定しているエクスクルーシブパッケージにシートベンチレーターを追加している。

「メルセデスAMG E 43 4MATIC」は、前席にシートベンチレーター、アクティブマルチコントロールシートバックで構成される「エクスクルーシブパッケージ」を新たにパッケージオプション設定した。

ステーションワゴンでは、「E 250ステーションワゴン・アバンギャルドスポーツ」とその本革仕様において、セダンと同じく木目調デザインのセンタートリムに変更。

「E 400 4MATICステーションワゴン・エクスクルーシブ」のエクステリアには、放射状に広がる18インチマルチスポークアルミホイールを新たに設定。さらに、インテリアトリムとセンターコンソールを木目調のデザインに変更したほか、シートベンチレーターも標準装備した。

「メルセデスAMG E 43 4MATIC ステーションワゴン」にはセダンと同様に、前席にシートベンチレーター、アクティブマルチコントロールシートバックで構成される「エクスクルーシブパッケージ」を新たにパッケージオプション設定している。

価格はセダンが6,820,000~17,850,000円、ステーションワゴンが7,190,000~11,760,000円。

「E 350 e アバンギャルドスポーツ」のプラグインハイブリッドシステム

そして、新グレード「E 350 e アバンギャルドスポーツ」の心臓部には、211ps・350Nmを発する2L直4直噴ガソリンターボエンジンに、88ps・450Nmを発生しブースト機能も持つ大容量モーターを搭載し、システム全体で286ps・550Nmを発生しながら、JC08モード燃費15.7km/Lを達成した。

リヤバンパー右側に「E 350 e アバンギャルドスポーツ」

モーターのみ使用する「E-MODE」では最長航続距離20.1km、最高速度130km/hのEV走行を可能にしている。なお、リチウムイオンバッテリーへの満充電は「CHARGE」モードでの走行で1時間以内、AC200V電源使用で約4時間以内となっている。

「メルセデスミーコネクト」の「リモート車両確認」画面

また、「メルセデスミーコネクト」には、スマートフォンでバッテリーの充電状況や航続可能距離が確認できる「リモート車両確認」、スマートフォンでエアコンの作動などが行える「プレエアコンディショニング」、スマートフォンですぐに充電を開始したり出発時間に合わせて充電開始時間をセットできる「充電時間設定機能」が、専用機能として追加される。

「E 350 e アバンギャルドスポーツ」の価格は7,980,000円。なお現在、プラグインハイブリッドモデル「EQ POWER」の新車を購入したユーザーを対象に、充電用ウォールユニット1基および設置工事費10万円をサポートするキャンペーンを実施している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る