MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/09/22
  • MotorFan編集部

【情報追加!】スズキの125ccスクーターに隠し玉!? 「SWISH(スウィッシュ)」 【東京モーターショー2017】

ワールドプレミアモデル

このエントリーをはてなブックマークに追加
9月20日にアドレスV125シリーズの後継機を発表したばかりのスズキだが、東京モーターショーのワールドプレミアとして、もう一台、124ccのスクーターを発表! これがなかなかイイ感じの見た目なのだ!

10月27日(金)~11月5日(日) の期間、東京ビッグサイトで開催される東京モーターショーに向けて、スズキでは124ccのスクーターを発表する。
市街地での取り回しの良さと快適性を求めるユーザーに向けたこの「SWISH」は、つい先日、新型モデルが登場したばかりの「アドレス125」とは異なる洗練されたボディデザインを採用。ポジションランプとテールランプには導光帯式ledを採用するほか、USBソケットを標準で装備するため、ガジェット類との相性にも優れる。燃料タンクはアドレスV125のようなシート後方下部ではなく、フロアタンク下にマウントすることで、大容量の収納スペースを確保。エンジンは新型の空冷124ccが搭載されているという。写真から推測すると、フロントホイールは10インチのようだ。

※スズキでは、このスウィッシュのヘッドライトバルブがLEDであることを追加情報として9月25日に発表した。

■主要諸元■
●全長:1831mm
●全幅:716mm
●全高:1108mm
●ホイールベース:1248mm
●パワーユニット:124cc 4ストローク単気筒エンジン

自動車業界の最新情報をお届けします!

【動画】ベンテイガと共に……。

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
【動画】本気のオフロードタイヤ「TOYO オープンカントリーM/T」を全方位テスト!