MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/06
  • MotorFan編集部

ヨタハチ? スープラ? トヨタがエアロトップの「GR HV Sports Concept」を初公開【東京モーターショー】

THS-R(トヨタ・ハイブリッド システム・レーシング)搭載のピュアスポーツカー

このエントリーをはてなブックマークに追加
バッテリーを車体中央に搭載したことで走りの性能向上にも貢献している。
「スポーツカーが持つ、走る楽しさと、環境技術を融合したあらたなクルマの楽しさ」の提案として、トヨタは、第45回東京モーターショー2017に「GR HV Sports Concept」を初公開する。

今年の東京モーターショー(10月27日から一般公開)のトヨタブースに展示されるコンセプトモデル「GR HV Sports Concept」。
LEDヘッドライトやホイル、リヤディフューザーといった装備にはTOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)に参戦しているハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を彷彿とさせるデザインを踏襲。これに加えて往年のオープンスポーツモデル「トヨタスポーツ800」や「スープラ」に設定さていたエアロトップスタイルも採用している。

■主要諸元■
車名:GR HV Sports Concept
全長(mm):4,395
全幅(mm):1,805
全高(mm):1,280
駆動方式:FR
乗車定員(人):2



シフトノブ内にプッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置する遊び心や、オートマチックのギヤポジションを選べるスイッチをセンタークラスターに配置したレーシーに仕上げるなど、インテリアも特徴的。

オートマチック車ながらも、ボタン一つでマニュアルモードへ切り替えが可能で、Hパターンシフトを採用することで、6速マニュアル車のような操作感覚を味わえる。
THS-R(トヨタ・ハイブリッド システム・レーシング)によるスポーツカーの走りと、オープンエアの解放感を同時に得ることができる。これこそが「GR HV Sports Concept」最大の魅力と言えるだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

東京モーターショー2017MotorFan期待度大調査

関連キーワード

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る