MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/10
  • MotorFan編集部

新世代の技術を凝縮したコンパクトハッチが世界初公開【マツダ・東京モーターショー】

新型ガソリンエンジン“スカイアクティブX”に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京モーターショー2017「『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」をテーマに掲げたマツダのブースでは、デザインピジョンモデルとワールドプレミアとなるコンセプトカーの2台に注目。

マツダのコンパクトカーでは、デミオやアクセラがラインナップされている。今回のモーターショーで公開されるコンセプトモデルがどのようなポジションに収まるのか期待大!

前回のモーターショーでは、ロータリーエンジン搭載のコンセプトカー“RX-VISION”が話題となったマツダが、今回は2台の次世代モデルを投入する見通しだ。

1台目は同社の次世代技術とデザインを融合したコンパクトハッチバックだ。世界初公開となるこのコンセプトモデルは、ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて目途をつけた「スカイアクティブX」と、マツダの目指す“人馬一体”の走りを実現するために長年取り組んでいる人間中心の設計思想を盛り込んだ車両構造技術「スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー」を採用している。

もう1台は、2012年のCX-5以来好評を博している「魂動デザイン」をさらに発展させた、次世代のデザインを具現化したデザインビジョンモデルとのこと。
他にも、今年末に国内発売予定の新型SUV「CX-8」、幌や内装にスペシャルカラーを採用した「ロードスター」の特別仕様“RED TOP(レッドトップ)”なども披露される。
(REPORT:佐藤恭央)

コンセプトカーの搭載エンジンに投入されるスカイアクティブXは、空気とガソリンの混合気をピストンの圧縮によって自己着火させる新技術。2019年の運用を目指して鋭意開発中。
世界中で人気を博している「魂動デザイン」の表現方法をさらに深化させたというデザインピジョンモデル。

自動車業界の最新情報をお届けします!

東京モーターショー2017MotorFan期待度大調査

関連キーワード

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る