MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/30
  • OPTION編集部

国産スポーツカー車両盗難、急増中!! 最新のカーセキュリティ事情

実行したい愛車の自衛策!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースや新聞、そしてSNSなどで、最近やたらと取り上げられている自動車盗難。その犯行の手口は年々、悪質&巧妙化している。特に、最近価値が上がる一方のスポーツカーの盗難が増えているのだ。不良外国人の窃盗団に一度狙われたら最後…という話も聞くが、愛車を守るためにどうやって自衛の手段は? オプション12月号ではスポーツカーを取り巻く、最新のカーセキュリティ事情を調査した。

国産スポーツが被害に遭うリスクが高まっている!!

話を聞いたサウンドコネクション 中村さん

実はイモビライザーの普及などによって自動車盗難の件数はピーク時よりは減ってきている。しかし、国産スポーツカーが被害に遭うケースは逆に急増しているのが現状だ。

その理由はなぜか? 今回、取材に協力してもらったサウンドコネクションの中村さん曰く、「簡単に持っていきやすい上に、高く売れるから」だという。

特に気を付けたいのが、ちょっと前の世代のスポーツモデル。第二世代GT-Rやシルビア、ランエボ&インプ、スープラ、ホンダのタイプRなどだ。

これらのモデルは海外での人気が高い上に、その多くはイモビライザーが付いていない。窃盗団からしてみればお金がそこに落ちているようなもので、狙われるとモノの数分で持ってかれてしまう。そして盗まれた1週間後には日本を出港していた…という話が現実にあるのだという。

また、これらのクルマはハイエースやランドクルーザーといった、これまで盗難リスクが高いとされてきた車種と比べると、セキュリティに対しての意識が甘いのも盗まれやすい&車上荒しに遭いやすい要因だ。

特殊なチューニングカーだから盗みにくい、盗まれないという定説はもはや通用しない。「まさか自分のクルマが…」と思った時には後の祭りだ。

そこで肝心なのが、価値あるクルマのオーナーならば、いつ何時も泥棒に狙われるかもしれないという意識を持つこと。月極め駐車場を契約するなら人目に付きやすい場所を選びたいし、普段はあまり乗らないようならボディカバーを掛けておくのも有効だ。

そうした心がけひとつ、窃盗団が手出ししにくい環境作りや、気付かれないことで盗難や車上荒しに遭うリスクを大きく減らせるのだ。

本格的なセキュリティももちろん効果を持つが、手を出しにくい、出されないように気づかうことも大きな自衛策なのだ。

本格セキュリティなら別次元の安心感!

本格セキュリティがオススメだが、手軽なアイテムでも抑止力になる場合も多い

ひと言でセキュリティシステムといっても、自分で取り付けられる簡易的なモノから、プロショップが推奨する本格モデルまで種類は様々。価格もピンキリなので、どれを選べばいいか迷ってしまいがち。

「取り付ける車種や駐車環境によって、最適なセキュリティシステムは異なってきます。また、エンジンスターターやアンサーバックといった付加機能を付けるか否かでも変わってきますね。例えば、R35や86などのプッシュスタート式なら、スマートキーと連動させてセキュリティを作動させることが可能ですし、逆にちょっと前の年代のスポーツモデルならキーレス付きにすることもできる。月額の定額使用料は掛かりますが、愛車の位置情報をスマートフォンなどで確認できるモデルもあります。いずれにせよ、強固なセキュリティ環境を構築するには、車両盗難や車上荒しの被害に遭った際に、いかにサイレンを鳴らし続けられるか…が肝心です」とサウンドコネクションの中村さん。

実は盗難を防止するための大きなポイントは「盗むことに時間がかかりそう」と窃盗犯に感じさせることが大きい。

セキュリティのプロショップでは、サイレンやシステムユニットを見えない所にインストールするし、簡単にボンネットを開けられないよう加工することもある。もちろん、電源も切りにくい。窃盗団が手を付けたときに、アラームをカットさせないノウハウなども豊富なのが、カーセキュリティ専門店なのだ。

となると、気になるのがセキュリティのお値段。サウンドコネクションで施工した場合、圧倒的な信頼性を誇るVIPER(バイパー)なら、ベーシックなシステムで工賃込み10万円前後が目安となる。

車両盗難や車上荒しにあったら、その被害は甚大。古い年式のスポーツモデルは車両保険に入っていても、それに見合った保証が受けられないことが多い。そうしたリスクを考えると、本格セキュリティは決して高い投資ではないはずだ。

もちろん、今すぐ高価なセキュリティが導入できなくても、手軽なセキュリティアイテムを2重、3重で装備するなど、見た目で窃盗犯にアピールすることも、狙われる確率を下げるための自衛策になるだろう。

発売中のオプション12月号では、セキュリティアイテムのノウハウやアイテムカタログを掲載!!


オプション12月号
チューニング&カスタムに関わるカーライフ情報満載!!
オプションは毎月26日発売です!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る