MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/07
  • MotorFan編集部

川崎重工が建造した潜水艦「しょうりゅう」の進水式!

「そうりゅう」型10番艦として誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加
進水式を行った「しょうりゅう」
川崎重工業は神戸工場で建造中の潜水艦「しょうりゅう」の進水式を11月6日に行なった。
りょうりゅう型潜水艦(PHOTO:JMSDF海上自衛隊)

川崎重工は、11月6日12時20分から神戸工場第1船台において建造中の防衛省向け潜水艦「しょうりゅう」の進水式を福田防衛大臣政務官、村川海上幕僚長、外園防衛技監をはじめとする防衛省関係者ほかのご出席のもとに行なった。
命名ならびに支綱切断は、福田防衛大臣政務官により行われた。

本艦は、潜水艦「そうりゅう」型の10隻目であり、戦後当工場における建造の潜水艦としては28隻目に当たる。
また、優れた水中運動性能および推進性能を持ち、船体には高張力鋼が使用されている。
さらに、スターリング機関採用による潜航性能の向上、各種システムの自動化、高性能ソーナー装備による捜索能力の向上およびステルス性能の向上などが図られているとともに、諸安全対策も十分に施されている。
本艦の工程ならびに主要目は次のとおり。

<工  程>
起工:2015年1月28日
進水:2017年11月6日
竣工:2019年3月(予定)

<主要目>
長さ:84.0m
幅:9.1 m
深さ:10.3m 
喫水(常備):8.4m
基準排水量:2950トン
主機関:川崎12V25/25SB型 ディーゼル機関 2基
川崎コッカムスV4-275R スターリング機関 4基
推進電動機 1基
軸数:1軸
速力:20ノット
主要兵装:水中発射管一式
その他:スノーケル装置一式

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー