MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/08
  • GENROQ編集部

2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーが決定!

国産5モデル、輸入車5モデルが今年のイヤーカーの最終選考会へ進む

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを決定する第一次選考会で、全31台のノミネート車のなかから、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された。このなかかから日本カー・オブ・ザ・イヤーが決定する。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーは、12月11日13時に国際交流センターで行なわれる最終選考会で発表され、同日表彰式が行なわれる。

選出された10ベストカーは、以下の通りだ。
●スズキ株式会社【スズキスイフトシリーズ】
●トヨタ自動車株式会社【トヨタカムリ】
●トヨタ自動車株式会社【レクサスLC】
●本田技研工業株式会社【ホンダN-BOX/N-BOXカスタム】
●マツダ株式会社【マツダCX-5】
●FCAジャパン株式会社【アルファロメオジュリア】
●ビー・エム・ダブリュー株式会社【BMW5シリーズセダン/ツーリング】
●プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社【シトロエンC3】
●ボルボ・カー・ジャパン株式会社【ボルボXC60】
●フォルクスワーゲングループジャパン株式会社【フォルクスワーゲンティグアン】
※なお、10ベストカーは最終選考会まで全車同等扱いとするため、各車の得票結果は公表しておりません。

ちなみに、昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは
スバル・インプレッサスポーツが獲得している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー