MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/10
  • MotorFan編集部

サーバーダウンの破壊力!?  カワサキZ900RSにCAFEが追加 EICMA/ミラノショー

カワサキ・Z900RS CAFE

このエントリーをはてなブックマークに追加
●Z900RS CAFE ●Color:ビンテージライムグリーン / パールストームグレー
11月9日からイタリア・ミラノで開催される「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」。ここにカワサキから出展される車両に話題沸騰中! 東京モーターショーで発表されたばかりのZ900RSのカフェレーサーバージョンが登場し、日本での発売も予定しているというのだ。

UKサイトでは専用ページが公開中

10月25日の東京モーターショー2017で世界初公開となったZ900RS。バイク好きならピンとくるこの名称は、1972年にカワサキがリリースした空冷DOHC4気筒エンジン搭載のZ900RSと同じである。「Z1(ゼットワン)」の愛称で親しまれたかつてのモデルを最新の技術で現代に甦らせた(しかも国内で販売予定!)とあって、その詳報を知りたいと大勢のファンがカワサキのオフィシャルサイトに殺到。その結果、サーバーに負荷が掛り半日以上もアクセスが困難になったほど、話題性の高いモデルなのである。

その新型Z900RSに、非常に気になるニュースが飛び込んできた。
11月9日から始まった「EICMA(国際モーターサイクルエキシビション)」、いわゆるミラノショーにバリエーションモデルが展示されると、川崎重工が発表したのだ。

現在判明しているのは次の通り。

・レトロスポーツモデル「Z900RS」のバリエーションモデル。
・モデル名は「Z900RS CAFE(カフェ)」
・スポーティなカフェレーサーをイメージし、フロントカウル、ブラック塗装仕上げのローポジションハンドル、専用の段付きシートを装備。
・専用のカラー&グラフィックやショートミラーステーの採用
・サイレンサーにヘアライン加工を施すなど、細部にまでこだわったデザイン。
・「Z900RS」とは一味違う、ヴィンテージライクな雰囲気。

確かに写真を見比べると、水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ 948ccのエンジンや足周りといった主要部分はZ900RSをそのまま踏襲されている。なお、今回発表されたZ900RS CAFÉは、国内販売予定モデルとなっているので、非常に期待したい1台である。

●Z900RS ●国内発売予定(1,328,400円)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る