MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/22
  • MotorFan編集部 山田 俊輔

【新型クロスカブ試乗】じっくり眺めて、乗ってみた/6月6日更新

新車試乗から最新カスタムまでクロスカブ 情報を完全網羅

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドア力が増大! 純正カゴで荷物をたっぷり運べる仕様

【2018年6月6日情報更新】


 “カブ”という名がつくだけあって、後ろの荷台に荷物をたっぷり積めるのがクロスカブ のイイトコロ。でも足りない! まだ足りない! もっと運びたい! という方への(クロスカブらしくない!という見た目の好き嫌いはさておいての)ご提案がこのフロントキャリアである。
 写真の通り幅390×高さ200×奥行160mmのフィルムバッグがすっぽりと収まるこのキャリアは、新聞配達といった働くシーンで大活躍のスーパーカブ50/110プロ純正品。なので、車体にがっちり取り付け可能なのはもちろん、作りの悪い海外製アフターパーツのようにキシキシ&シャカシャカと、エンジンと共振することがないのも美点である。

部品総額は54,120円。だが、安く仕上げる方法も!


 利便性が格段にアップするこの純正フロントキャリアの流用だが、部品代だけで54,120円となかなかの金額(下の表参照)となっている。じつは、クロスカブ純正ヘッドライトをフロントキャリア側にオフセットするのにハーネスの長さが足りず、スーパーカブ50/110プロのヘッドライトユニットごと新調する必要があるからだ。
 少しでも安く仕上げたい場合は、クロスカブの純正ハーネスをハンダ付けで延長する。こうすればわざわざスーパーカブ50/110プロのヘッドライトユニット(23,868円)を用意する必要はなくなり、部品代を約30,000円までおさえることができる。
 
なお、今回の純正フロントキャリアの流用カスタムを提案する横山輪業では、今後専用のハーネス(予価5,000円)を開発する予定。これを使えばキャリアの移植が誰でもカプラーオンで行えるという、発売に期待の一品なのである。


ホンダウイング横山輪業
東京都足立区弘道2-29-8
TEL:03-3887-3619

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る