MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/14
  • Motor Fan illustrated編集部

「202対34」?スパコン「TOP500」に入った日本のスパコンのすべて 

世界スパコン・ランキング「TOP500」日本からはトップ10に3機種ランクイン では、TOP500には?

このエントリーをはてなブックマークに追加
「暁光(Gyoukou)システム全景」 (写真:株式会社ExaScaler )
スーパーコンピューターの計算速度を競う国際ランキング「TOP500」が発表された。トップ1-2は中国、3位はスイス、日本勢は「暁光」(海洋研究開発機構)が4位で最高だった。というところまでは、新聞報道されているとおり。では、500位までに入った日本のスーパーコンピューターはいくつあるのだろうか? トップ500を詳細に見てみよう。

「暁光」は海洋研究開発機構の横浜研究所に設置されているスーパーコンピューターで、液体に浸す冷却システムが特徴。計算速度は1秒間に1京9135兆回(京は1兆の1万倍)を達成し、前回の69位から大きく順位を上げた。このほかに、9位には京大と筑波大が共同運用する「オークフォレスト・パックス」が、10位には理化学研究所の「京」が入った。

トップ10に日本のスパコンが3機種ランクインしたことになる。
では、タイトルの「202対34」とはどういう意味だろうか?


トップ10は以下の通りだ。順位・国名・「名前」所属・製作企業を示す。

TOP10
1位 中国 「Sunday TaihuLight」中国国家超級計算センター無錫 NRCPC
2位 中国 「Tianhe-2」中国国家超級計算センター広州 NUDT
3位 スイス 「Piz Daint」スイススーパーコンピューティングセンター クレイ
4位 日本 「暁光」海洋研究開発機構 ExaScaler
5位 英国「Titan」 DOE/SC/Oak Ridge National Laboratory クレイ
6位 米国 「Sequoia」Oak Ridge National Laboratory クレイ
7位 米国 「Trinity」DOE/NNSA/LANL/SNL クレイ
8位 米国 「Cori」DOE/NNSA/LANL/SNL クレイ
9位 日本「オークフォレスト・パックス」Joint Center for Advanced High Performance Computing 富士通
10位 日本 「京」理化学研究所 富士通

「暁光」とは?

海洋研究開発機構のプレスリリースによると、暁光は

「暁光(Gyoukou)」は、PEZY Computingが新規に独自開発した最新のメニーコアプロセッサ「PEZY-SC2」を基幹プロセッサとして採用した「ZettaScaler-2」シリーズからなり、1筐体(液浸槽)で2.0 PFLOPSクラスのピーク性能を目指し開発が進められているスーパーコンピュータシステムだ。ExaScalerの液浸冷却技術とシステム化技術を用いて高密度実装を実現するとともに、高い冷却効率を実現することで、消費電力の低減を図っている。2017年6月に発表された前回の「TOP500」ランキングでは、システムのごく一部の稼働ながら、世界69位にランキングされた。また、それ以降、システムボード全数を各種の改良を盛り込んだ最新の「ZettaScaler-2.2」に更新した上で、稼働システム規模の拡大とソフトウェアの最適化を行ない、さらなるシステム性能の改良を図ってきた。
今回、システム規模19.5筐体相当(CPU数10,000個)の構成で、LINPACK性能は19.14PFLOPS(ペタフロップス)、実行効率は67.9%、消費電力当たりの演算処理性能は14.17GFLOPS/Wを達成し、「TOP500」及び「Green500」のランキングに性能登録した。「TOP500」及び「Green500」への登録は、主催者規定によりシステムが設置されている「サイト」が行うこととされており、「暁光」についてはJAMSTECがこれを行っているす。その結果、米国東部標準時(EST)11月13日午前9時(日本時間11月13日午後11時)に公表された「TOP500」で国内第1位(世界第4位)、「Green500」で世界第5位を同時に獲得した。
なお、システム開発にあたり、ExaScalerは国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)の「産学共同実用化開発事業(NexTEP)未来創造ベンチャータイプ」の支援を受けている(課題名「磁界結合DRAM・インタフェースを用いた大規模省電力スーパーコンピュータ」)。また、基幹プロセッサであるPEZY-SC2開発にあたり、PEZY Computingは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の支援を受けている(課題名「非接触型磁界結合通信を用いた高密度実装プロセッサデバイスの開発(実証開発フェーズ)」。

と説明されている。

さて、次は、「TOP500」のうちの11-100位に入った日本のスパコンだ。

11-100位
13位 日本 「TSUBAME3.0」 東京工業大学 HPE
38位 日本 「SORA-MA」 JAXA(宇宙航空研究開発機構) 富士通
41位 日本 「Camphor 2」 京都大学 クレイ
43位 日本 名古屋大学 富士通
48位 日本 「TSUBAME 2.5」東京工業大学 NEC/HPE
59位 日本 「Plasma Simulator」自然科学研究機構 富士通
67位 日本 日本原子力研究開発機構 HPE
70位 日本 「Molecular Simulator」分子科学研究所 NEC
82位 日本 理化学研究所情報基盤センター 富士通
91位 日本 「NM-1」NTTコミュニケーション NTTコミュケーションズ/NTT PC コミュニケーションズ

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー