MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/22
  • 小松ひろ

『ラリークロス』ってなに?新たなモータースポーツ『ジャパンラリークロス』開幕!

エビスサーキットでエキシビションレースが開催された

このエントリーをはてなブックマークに追加
今、欧米で大人気のモータースポーツである『ラリークロス』。その『ラリークロス』が日本で初開催された。エビスサーキットで開催されたエキシビジョンレースでは、有名ドライバーが多数参加。『ラリークロス』とはどういうモノか、それもだいぶ見えてきた。

70年代に生まれ、21世紀になってヨーロッパ、アメリカで爆発的な人気を得たモータースポーツ『ラリークロス』。名前の通りラリーの色彩がありながら、サーキットでのレースの性格もある競技。しかも、車両同士の接触もあり、ドリフトやジャンプなど、判りやすい“見せ場”もある。クオリファイ(予選)、ファイナルでは、必ず一回ジョーカーレーン(1周のラップタイムが落ちる[上がるケースもある]“別”のレーン)を通らなければならないなど、“戦略”も見どころのレースだ。

そんな『ラリークロス』が11月14日、ついに日本で初開催された! 舞台はドリフトの聖地、エビスサーキット。ご存知の方も多いと思うが、コチラの支配人はD1チャンピオンの実績がある熊久保信重さん。彼は『ラリークロス』の可能性に惹かれ、日本開催に向け立ち上がったのだ。2016年からはダートラに参戦し、ダートでの走りを研究。そしてエビスサーキット西コースを大改修。舗装のバックストレート横にクラッシュアスファルトのダートコースを設定する熱の入れよう。そして『ラリークロス』は“オフ”だけでなく“オン”ロード競技のドライバーも参加できる余地があるから各方面に声を掛け、賛同したドライバー、チームが集まり、初開催に至ったのである。

参加者の面々がスゴイ。TRDは全日本ラリー参加車両を持ち込み、ドライバーに奴田原選手を起用。キャロッセも4WDターボのヴィッツのラリーマシンを投入。ドライバーは柳澤選手だ。その他GTドライバーの平峰選手が参戦したり、“世界の新井”も緊急参戦。ラリーやダートラで実績豊富なドライバーも多く、単純に「誰が速いのか?」に興味津々。ただドリフト系ドライバーが少なかったのが残念だったが……。

『ラリークロス』の特徴のひとつが、このジョーカーレーンの存在。コースによって、通常コースよりタイムが速くなるケースもあるが、当コースの場合はドライ時に約2秒程度遅くなっていた。クオリファイ4周、ファイナル6周の内、必ず一度はココを通らなくてはならず、どのタイミングで通るか、作戦も重要になる。

挑戦を決めたエントラントに話を訊くと、全ての人が「楽しみにしている」と好意的。その可能性の高さに注目し、盛り上がると確信していた人も多かった!? もちろん課題もある。予選前のブリーフィングでは「ああした方がイイ」「こうしてほしい」と率直な意見が出て、現場で運営を見直したケースもあったほど。しかし、それも運営サイド、参加者ともに、“熱”があるからこそ。より良いモノに、もっと盛り上がるモノにしたいという意思ゆえだ。

レースは、舗装、ダートと両方をこなすラリードライバーが有利かと思われたが、結果はGTドライバー、ドリフト・ダートラ、ダートラのドライバーが各クラスの勝者となった。初開催で“必勝パターン”が確立していないこと、そして雨が降り路面コンディションが変わったことも響いたか。しかし、練習走行、予選からすべてがスリリング。ドリフトなどドライバーのテクニック、ドッグファイト、舞い上がる土埃。参加者たちは一様に充実した表情を見せていた。まずはスタートをきった『ラリークロス』、大きく盛り上がっていきそうだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る