MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/27
  • MotorFan編集部

【試乗記】悪路にも流行りにも食い込む「TOYO オープンカントリーM/T」

TOYOが誇る本気のオフロードタイヤを全方位テスト!

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOYO TIRES OPEN COUNTRY M/T
TOYO TIRESからリリースされるSUV用タイヤ「オープンカントリー」シリーズ。その中でも、もっともオフロード性能を優先に作られているのが「オープンカントリーM/T」だ。世界一過酷と言われるオフロードレース”Baja 1000”で鍛え抜かれたというだけに、すでに海外においては高評価を得ている。2018年の国内販売を前に、その実力を試し、高評価の実情に迫る。

TEXT/野口 優(Masaru Noguchi) PHOTO/小林邦寿(Kunihisa Kobayashi)

世界一過酷なオフロードレース “Baja 1000”で鍛え抜かれた信頼性。

SUVブームが長らく続き、今や定番ともなった昨今、次に流行ると見られているのがピックアップトラック。トヨタ・ハイラックスのデビューをきっかけに、1980〜90年代初頭のようなブームが再び訪れるのは間違いないだろう。TOYO TIRESは、早くもそれを予測して2018年早々にもピックアップトラックに最適なタイヤを導入する予定だが、実のところアメリカやオーストラリアでは、すでに絶大なる人気を誇り、多くのユーザーから高い支持を受けている。
 
その代表的存在なのが、この「TOYO OPEN COUNTRY M/T」。メキシコ、バハ・カリフォルニア半島の砂漠を1000マイル走破するというアメリカで人気のあるオフロードレース「Baja 1000」において鍛えられた走破性により、確かな実績と高い信頼性を得ることに成功したオフロードをメインにしたタイヤだ。

長年このレースでTOYO TIRESのワークスドライバーとして活躍するBJ Baldwinは、実際こう語っている。

「精神的にも肉体的にもこのレースは本当に厳しい。以前、コースコンデションが悪くて荒々しい年があったが、その時など他のチームは平均7〜8回程度パンクしているような状況でも、TOYO OPEN COUNTRY M/Tは、パンクもせずに、しかもスピードを落とすことなく走行できた。TOYO TIRESには感謝している。OPEN COUNTRY M/Tなしでは勝てなかっただろう」と。

このBaja 1000は、岩場や障害物だけでなく、起伏に富んだ砂漠の中を猛スピードで激走するだけに、タイヤへの負担は想像を超える。時には大きくジャンプすることもあるため、基本性能が高くなければ勝利することなど不可能。ましてや完走することすら難しくなる。

これから日本に導入されるOPEN COUNTRY M/Tも、その功績を反映してリリースされる。今回、OPEN COUNTRY M/Tを装着したフォードF150ラプターを様々なシーンでテストしたところ、さすがはオフロード性能を重視した設計であることを思い知らされた。

泥道では排土性を重視したワイドシュルダースリットによって難なくクリアし、岩場ではストーンイジェクターによる効果を見せつけ食い込むようにトラクションを維持しながら走破。それでいてウエット路面でもグリップ力が高く、しかも予想に反して一般道や高速での移動でもロードノイズも抑えられていることを確認できた。

通常これだけブロックが大きい場合、振動にも悩まされることが多いが、OPEN COUNTRY M/Tは、オフロードをメインに考えられているものの、日常性も考慮してつくられているため、そのヘビーデューティーなイメージだけで購入しても後悔はないだろう。

もちろんラインアップは他に、オフロードとオンロード性能を両立した「OPEN COUNTRY R/T」や、ロード性能をより優先した「OPEN COUNTRY A/T Plus」も用意する。2018年1月に行われる東京オートサロンでは、ここに映る車両と共にすべてのラインアップを展示される予定だ。このパワフルなタイヤを、是非とも自身の目で確かめていただきたい。

大きなブロックサイズをもつOPEN COUNTRY M/T。オフロード性能を優先しているとはいえ、デザイン性にも優れているため、そのイメージだけで選択したくなるユーザーもいると思われるが、ロードノイズや振動は思いのほか抑えられているから日常でも使えてしまう。
基本的にはオフロードでのトラクション性能を優先したマッドテレインとなるだけに、ショルダーはワイドに、ストーンインジェクターも広めに設定されている。トレッドブロックはウエット路面でのグリップを確保するためにディープサイプ、構造は優れたハンドリングと耐久性を目的に3プライのポリエステルケーシングを採用している。

【予告】モータージャーナリスト 佐藤久実が、この「TOYO OPEN COUNTRY M/T」をテストした動画を近日公開する予定。

TOYO TIRES OPEN COUNTRY M/T

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る