MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/11/30
  • 「東新宿交通取締情報局」

長野道にH&LHの連続Wオービスポイント出現!【交通取締情報】

ウインタードライブ注意! まさかダブルでやられたら罰金もダブル!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
新設されたのは後ろのLH。手前のHシステムは既存だが、なぜか2車線対応のHに対してLHは1車線のみ対応となっている。
おっとビックリ! 長野道塩尻IC付近にLH新設という情報を聞いて現地調査に出かけたら、なんと、既存のHはそのままに、その後ろ、たったの50m先にピカピカのLHが!

Hシステムあたりからだと後方の横断橋に紛れて発見しづらいので注意!

長野道、塩尻IC先と言えば、すでにHシステムが設置されている。そのポイントにLHが新設と聞けば、事情通なら誰でも、続々撤去の憂き目に遭っているHを外して、新世代のLHに世代交代、と思うのは当然だ。ところが、現地で目にしたこの異様な光景は一体何なんでしょ?

LHの設置場所は長野道下り11.89kp。塩尻ICを過ぎて約1km/h地点だ。その50m手前では、現役バリバリのHシステムが2車線に目を光らせている。もし、2機とも稼働しているとすると、違反速度で通過すれば2連チャンで光られちゃうこと請け合い。50km/hオーバーだとしたら12点×2の24点、罰金も10万円×2で20万円ってことになる。ま、さすがの警察もそんなえげつないことはしないと思いたい。

おなじみの白線は追い越し車線のみ。このアングルからもHとの近さがわかるはず。

たぶん、いずれは手前のHが撤去されることになるとは思うが、そうなると、なぜ、LHが1車線のみ対応なのか甚だ疑問だ。ちなみに撮影ポイントを示す白線も追い越し車線のみにひかれているし、手前の路面はきれいに再舗装されて、なぜかループコイルを埋めた形跡はない。まさか、ダミー?

いずれにしても突っ込みどころ満載とはいえ、警察がオービスによる取り締まりに関して全面的に見直した末の所業であることに間違いはない。今まで以上に安全ドライブを心がけてほしい。

もしダブルで光られた人がいたら、当情報局まで、ぜひ、一報を!



自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る