MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/03
  • MotorFan編集部

スゴイのはエンジン? 足周り? 次期ゴールドウィングの全容解説【ホンダ】

アメリカ市場に投入予定の次世代ツアラー

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・ゴールドウィング Tour
1975年から現在まで続く超ロングセラーモデル、ゴールドウィングの新型モデルがアメリカ市場に投入される。さらなる進化を遂げたDCT(デュアルクラッチトランスミッション)や、新採用のダブルウィッシュボーンサスペンションなど、見どころはじつに多い。(REPORT:近田 茂)
堂々たるフロントマスク。ウインカーも含めて灯火類は多眼式LED 。ちなみに左右5 眼ずつの上側がロービームだ。
本田技術研究所二輪R&D センターの開発スタッフ。左から桑原直樹(足周り開発) 、中西豊(開発責任者) 、藤本靖司(駆動系開発) さん。 

着実に進化を果遂げてきたロングセラーモデル

先の東京モーターショーで国内初披露を果たしたゴールドウィング。ホンダブースでは独自のスペースに同車とゴールドウィングツアーが、そして透明なショーケースに入れられた新F6パワーユニットが展示され、それらにしばし目を奪われる観客はとても多かった。
改めて説明するまでもなく、同モデルはGL1000から続くホンダのフラッグシップ。初代モデルは1975年デビューだから実に42年もの間「The King」と呼ばれ、プレミアムクルーザーの頂点に君臨し続けている。最近またライバルの参入が見られるが、国内4 メーカー揃い踏みだったかつて、ホンダを除く3 社はこのクラスから撤退。主要マーケットのアメリカでも独壇場であった。
アメリカではリタイヤ後にインターステーツのロングツーリングを楽しむ老夫婦がいる。そんなシーンにおいて、ゴールドウィングは成功者の証として特別なステータスを誇れる象徴的な存在でもあると言う。豊かで快適な大型バイクとしての機能的魅力はもとより、そこに伴い育まれてきた立派な商品力は格別の物があるわけだ。

販売台数がもの語る品質の高さ

ホンダ・ゴールドウィング シリーズのこれまでの累計販売台数は79万5000台に及びアメリカを始め世界70カ国にリリース。フェアリングやリヤトランクまで全てがインテグレーテッドデザインされた堂々たるフォルムは同カテゴリーを代表するスタイルとして定着。あくまで滑らかでトルキーな出力特性を誇るフラット6の1.8Lエンジンは、他に例のないゴージャスな乗り味を遺憾なく発揮。オーナーが感じられる満足度は極めて高く、多くのバイクフリーク達からは、憧れの眼差しが向けられるのも頷けるわけだ。

そんな次期ゴールドウィング、国内発売は未定ながら最新USA 仕様の技術発表会が開催された。全てが新しいことは写真からもおわかりだろうが、何といってもドラスティックな変更点はふたつ。第三世代DCT(7 速) 付きも用意された新世代F6ユニットの搭載。ちなみにMT仕様は6 速化された。そして興味深いのがフロントに採用されたダブルウィッシュボーン式サスペンションだ。
立派な外観デザインは、よりモダンな雰囲気になっているが、全体にスマートな印象がとても新鮮。少しコンパクトにも感じられる。ホイールベースこそ5mm 長い1695mmが確保されているが、全長はリヤトランクのリファインで55mm短縮。そして驚くべきは車両重量がなんと「41㎏」も軽量化されていた。試乗機会が与えられれば、直ちにレポートするが、軽快な身のこなしが期待できそうだ。

贅沢を尽くした装備面

その他スマートキーの採用は、それを身につけていればイグニッション操作やハンドルロック、リヤトランク等の開閉も可能。タイヤ空気圧モニターやスマホと連携できるインフォテイメントシステムも装備。ここでの詳細解説は割愛するが、すべてにおいて時代を一新する進化を果たしているのが印象深い。何よりも従来のテレスコピックフォークより、作動特性と剛性面で優れるダブルウィッシュボーンサスペンションが、いかなる乗り味と操縦性をもたらしてくれるのか、興味津々。国内デビューが待ち遠しい。

今回一番のポイントと言えるフロントサスペンション。ダブルウィッシュボーンをバイク用にアレンジ。舵回りの省スペース化も実現している。
ウェッジシェイプのアルミダイキャストフォークが新鮮。ブレーキは対向6 ピストンキャリパーのダブルディスクだ。
ツアーはリアトランクを標準装備。2 個のフルフェイスヘルメットが入る。サドルバックと合わせた総収納容量はなんと110L。

ステアリングヘッド部のセンターコンソールスイッチ。先端部の小さなダイヤルがイグニッションスイッチ。中央はインターフェイスダイアルだ。ディスプレーや各種モード切り換えへの初期リンクを担う。 
走行中の操作に関わる主なスイッチは左側に集約されている。オーディオ系の操作等、多彩なセレクトが可能。ウォーキングモードも左手で扱える。

スッキリシェイプされたフォルムながら、堂々たる貫祿はそのまま。エンジンを見せるデザインだがカバーリングされている。
ストレートなマフラーデザインが印象的。ピタリと内側にレイアウトされ、形状も含めて深いバンク角が期待できそう。

段付きダブルシート。後席両脇にはシッカリとしたグリップが装備されている。オプションでバックレスト装備も可能。
綺麗にインテグレーテッドデザインされたサドルバッグ。ロックはスマートキー対応で小さなスイッチ操作でOK。

■主要諸元■
ゴールドウィング ※【】内はゴールドウィングDCT
・エンジン種類:水冷4ストロークOHC(ユニカム)水平対向6気筒
・総排気量(cm3):1833
・内径×行程(mm):73.0×73.0
・圧縮比:10.5
・点火方式:フルトランジスタ式バッテリー点火
・始動方式:セルフ式
・変速機形式:常時噛合式6段リターン【電子式7段変速(DCT)】
・クラッチ形式:湿式多板ダイヤフラムスプリング式
・懸架方式:前 リンク式/後 スイングアーム式(プロリンク、プロアーム)
・ブレーキ形式:前 油圧式ダブルディスイク/後 油圧式ディッスク
・タイヤサイズ:前 130/70R18M/C 63H/後 200/55R16M/C 77H
・キャスター角:30°30’
・トレール量(mm):109
・全長(mm):2475
・全幅(mm):925【905】
・全高(mm):1340(スクリーン最上位置1445)
・シート高(mm):745
・最低地上高(mm):130
・軸距(mm):1695
・燃料タンク容量(L):21
・車量重量(kg):357【363】

■主要諸元■
ゴールドウィング Tour 
※【】内はゴールドウィング TourDCT
※[]内はゴールドウィング Tour Airbag DCT
・エンジン種類:水冷4ストロークOHC(ユニカム)水平対向6気筒
・総排気量(cm3):1833
・内径×行程(mm):73.0×73.0
・圧縮比:10.5
・点火方式:フルトランジスタ式バッテリー点火
・始動方式:セルフ式
・変速機形式:常時噛合式6段リターン【電子式7段変速(DCT)】[電子式7段変速(DCT)]
・クラッチ形式:湿式多板ダイヤフラムスプリング式
・懸架方式:前 リンク式/後 スイングアーム式(プロリンク、プロアーム)
・ブレーキ形式:前 油圧式ダブルディスイク/後 油圧式ディッスク
・タイヤサイズ:前 130/70R18M/C 63H/後 200/55R16M/C 77H
・キャスター角:30°30’
・トレール量(mm):109
・全長(mm):2575
・全幅(mm):925【905】[905]
・全高(mm):1430(スクリーン最上位置1555)
・シート高(mm):745
・最低地上高(mm):130
・軸距(mm):1695
・燃料タンク容量(L):21
・車量重量(kg):378【378】[382]

自動車業界の最新情報をお届けします!

【全開テスト】 TOYOオープンカントリーの実力をダートで試す!

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る