MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/02
  • 遠藤正賢

12月3日にもてぎで開催「ホンダレーシングサンクスデイ2017」特別番組より「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」がスタート!

アマネク、リスナーの位置や属性などをもとに一般放送とインターネットストリーミング放送とを自動的に切り替える「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
「ホンダレーシングサンクスデイ2017」特別番組視聴中のアプリ画面
アマネク・テレマティクスデザイン(今井武社長)は11月28日、リスナーの位置や属性などをもとに一般放送とインターネットストリーミング放送とを自動的に切り替える新しい放送サービス「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」を開発。

このサービスを活用し、12月3日にツインリンクもてぎ(栃木県芳賀郡)で開催される、ホンダ主催のモータースポーツファン向け感謝イベント「ホンダレーシングサンクスデイ2017」を、特別番組として放送することを発表した。
「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」のサービスイメージ

「ハイブリッド・デジタルラジオ放送」は、レース、スポーツ、音楽、花火などのイベント来場者だけに、特別な放送を提供できるサービス。会場周辺で、行きはイベントの見どころ、帰りは主催者からの特別メッセージを放送することなどが可能。同社は「行き帰りの来場者に期待感と特別感をもたらし、満足度をより高める効果が期待できる」としている。

同サービスを活用した初の試みとして、「ホンダレーシングサンクスデイ2017」開催当日(12月3日)の一般放送では、会場から約5時間の生中継を放送。会場に向かう際や帰りに自動的に切り替わるインターネットストリーミング放送では、選手自身によるプログラムのおすすめ、コメントなどを放送する。

同番組は、iPhoneまたはAndroid向け「Amanekチャンネル」アプリをスマートフォンにインストールし、アプリを起動。位置情報や通知の設定をした後、参加者コード「hrtd」を入力すると、視聴することができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【全開テスト】 TOYOオープンカントリーの実力をダートで試す!

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る