MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/02
  • MotorFan編集部

初日から世界最速出た! 台湾SS 1/32mile

50mをわずか3秒弱で駆け抜けるロケットスクーター

このエントリーをはてなブックマークに追加
SS 1/32mileで世界最速タイムを叩き出したWFレーシングチームのみなさん。前列左はライダーの王選手。
モトチャンプ後援で行われている台湾SS 1/32mileの各クラスで、初日から好タイムが続出。なかでも“SO(スクーターオープン)”クラスに出場したWFレーシングチームのヤマハRSZ100は、全クラスを通して最速を樹立。そのタイムはわずか2.744秒だった。
こちらが1/32mile(50.29m)を2.744秒で駆け抜けたときの動画。王選手が駆るこのヤマハRSZ100(台湾ヤマハ製)は排気量300cc超となっていて、その改造費は日本円で100万円を超えているとか。タイムだけでなく、費用のかけかたもブッ飛びだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る