MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/09
  • MotorFan編集部

“東京”とはひと味違う? 「大阪モーターショー」初日レポート

地場企業の出展が見どころ

このエントリーをはてなブックマークに追加
西日本最大級のモーターイベント「大阪モーターショー」が12月8日(金)、インデックス大阪で開幕。当日は平日にも関わらず、子供連れやカップルも数多く来場しており、クルマ離れを感じさせない盛り上がりを見せていた。なお、イベント会期は12月11日(月)までとなる。(PHOTO&REPORT:石川 順一)

実現が待たれる先進技術

記念すべき第10回となる今回は、『クルマがクルマを超える日~進化と深化の物語~』がテーマ。AIや自動運転といった近未来を感じさせる技術がおごられたコンセプトカーが一堂に集結した。特に注目を集めていたのが、トヨタ、日産、ホンダなど大手メーカーのデモンストレーションだ。コンパニオンの流暢な解説とともに表示される映像やコンセプトカーの動きに来場者は熱い視線を送っていた。

活発な地場企業の出展

自動車のイマを感じさせる展示も数多く見られた。大手メーカーの展示や試乗会が賑わいを見せていたが、西日本のカーショップのブースも負けていない。

そのまま住めそうなほど快適な車内を実現したり、
他では絶対に見ない「あの車」を左ハンドルにしたり、
公道での乗り心地も林道での走破性も両立したクロカンなど、
個性豊かなカスタムカーが勢ぞろい。来場者の琴線に触れたのか、その場で商談をする場面も見られた。



マニアを唸らせるスポーツカー、レーシングカーも出展されていた。

現代的な装備にカスタムされて当時以上の輝きを放つ、市販台数195台の超希少車、2代目スカイラインGTーRに、1960年代のレースシーンを賑わせた伝説のポルシェ904のレプリカモデルだ。

紡がれ続ける自動車文化

そのほか、使いやすく技アリのカー用品やメンテナンス用品を認定する「日刊自動車新聞用品大賞」のノミネート商品の展示や、実物大ミニ四駆の展示、公式テーマソングのライブ演奏などが催されており、自動車文化の広がりを感じられた。ボルダリングやミニ四駆のレース大会が開かれるなど、子供から大人まで自ら体験して楽しめるイベントも盛りだくさん。

大阪モーターショーは12月11日(月)まで。10日には一般のスーパーカー・オーナーが自らハンドルを握り、大阪府下を巡るラリー「Rally Osaka Motor Show2017」も同時開催される。今週末は大阪から目が離せなそうだ。

■開催概要■
第10回大阪モーターショー (THE 10th OSAKA MOTOR SHOW)
会期 2017年(平成29年)12月8日(金)~11日(月) 4日間
  8日(金) 10:00~17:00  
9日(土) 9:30~18:00
 10日(日) 9:30~18:00  
11日(月) 10:00~17:00
会場 インテックス大阪 (大阪市住之江区南港北1-5-102)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る