MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/10
  • MotorFan編集部

【買える】超希少な「ポルシェ904」、その精巧レプリカのお値段は?

搭載エンジンはもちろん空冷!

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪モーターショーに足を運ぶと、一際目を惹く魅力的なボディと出会った。コンパニオンの話ではない、1964年のデビュー以来世界中のレースシーンを席巻した名車「ポルシェ904」の話だ。しかもそれがレプリカで、実際に購入できるというのだから驚かされてしまう。(PHOTO&REPORT:石川順一)

第2回日本グランプリ(1964年)、スカイラインGT-Rとデッドヒートを繰り広げ、テレビの前のレースファンの目を釘付けにしたこのマシン。公道も走れるレーシングカーとして量産されたものの、その数はわずか100台あまり。現在では2億円近くの値段で取引されることもある超希少車なのだ。

そんな車両を触れられるなんて! と感動していたところ、ふいに声をかけられた。声の主は販売元のBECK JAPAN代表の吉村雅一さん。実はこのマシンは忠実に再現したレプリカで、「BECK GTS」という名前で新車販売しているのだという。

制作を手がけているのはアメリカのBECK社。これまでも数々のポルシェの名車をレプリカとして復活させており、「BECK GTS」もそのうちの一台。吉村さんはその出来に惚れ込んでBECKと組み、日本法人を立ち上げたという。

実際、これが「ポルシェ904 だ!」といわれたら見分けがつかないのではないだろうか。航空機を思わせるシルエットのFRPボディは流麗だし、鉄チンっぽいホイールもは時代を感じさせてくれる。


カチっとしていても軽いドアを開ければ、当時そのものの車内がお出迎え。三連メーターや操作スイッチ、長いシフトノブなどディティールも904らしさを訴えかけてくる。



走りの要となるエンジンはポルシェ933に搭載された最後の空冷ボクサー、3.6リッター6気筒を採用している。あくまで空冷にこだわって一番熟成したエンジンを選ぶところがニクい。吉村さんによれば、オーナーの好みによっては水冷も用意できるが、エギゾーストノートの気持ち良さを求めるならやはり空冷がオススメとのこと。

吉村さん自身もオーナーで、サーキット走行も嗜む走り好き。富士スピードウェイでの走行動画を見せてくれた。安定した走りで997GT3と抜きつ抜かれつの攻防を繰り広げており、マシンの素性の良さが窺えた。現行のポルシェにも負けないポテンシャルを秘めていそうだ。

価格は1000万円台〜。憧れの904が手に入るなら安いと捉えるか、それともやはり高嶺の花か。実に悩ましい。

問い合わせ先
BECK JAPAN
http://beckjapan.jp

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ムーニー粘度
ムーニー粘度計(ムーニービスコメーター)を用いて測定した未加硫ゴムの粘性の値を...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る