MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/11
  • MotorFan編集部

安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム シトロエン2CVチャールストン’ 92

名車と聞けば馳せ参じる安部譲二、波乱万丈のクルマ人生!連載第2部スタート!【Vol.23】シトロエン2CVチャールストン’ 92

このエントリーをはてなブックマークに追加
イラスト:鐘尾 隆
作家・安部譲二の華麗な自動車遍歴コラム『華麗なる自動車泥棒』連載第2部スタート!クルマが人生を輝かせていた時代への愛を込め、波乱万丈のクルマ人生を笑い飛ばす!月刊GENROQ‘97年4月から56回にわたり連載された『クルマという名の恋人たち』を、鐘尾隆のイラストとともに掲載。青年期からギャング稼業時代、そして作家人生の歩みまで、それぞれの時代の想いを込めた名車、珍車(!?)が登場します。稀代のストーリーテラー安部譲二のクルマ語り!
(文:安部譲二 イラスト:鐘尾 隆)

第23回 シトロエン2CVチャールストン’ 92

 京子は、いい女でした。
 今から6年ほど前に、21歳のお誕生日を祝った京子は、
「あたし、シトロエンの2CVチャールストンを買うことに決めたわ」
 と、叫んだのです。
 いい趣味だとオッサンの僕は思ったのですが、そのパーティーに集っていた京子の友人たちは、
「軽トラより遅くて、横浜に行って帰って来たら30歳になっちゃうぜ」
 とか……
「なに、そのドウシェボーって……」
 なんて口々に叫びました。
 いい歳なのだから、これまでにあのブリキみたいなクルマに乗ったことがあるか……と、僕に訊いた青年がいたので、
「ウン、ある。しかし、もうほとんど30年も前だから、僕の乗っていたのは500㏄もなかった2気筒で、ちょっとした登り坂になると、それまで80㎞/hでボソボソ、ゴロゴロ走っていたのが途端に50㎞/hぐらいにドロップしてしまった」
 ちょっと参ってしまったほどの弱馬力だけど、燃費もいいし、それにシートの具合がなんとも言えないほどよくて、乗り心地がよかったのを覚えていると答えたのです。
「速く走ることは必要とされてはいないの。個性を主張しているクルマに、あたしは乗りたいのよ」
 主婦や会社員の亭主が乗るようなクルマには、もらっても乗りたくないのだと、デザイナーを目指して努力していた京子は言い放ちました。

 京子が長いローンでエンジ色の2CVを買って3ヵ月経った頃、乗せてもらったら後ろのシートに若い縞の仔猫がいて、乗って来た僕を見て「ニャー」と啼いたのです。
 驚いた僕に京子は、この2CVを買って1週間も経たない間に、よんどころない事情でジェニファーも拾ってしまったのだと言いました。
「ジェニファー……」
 その当時の僕の恋人が、ジェニファーという名前だったので、呆れてまじまじと見たら、後部座席にいた縞の仔猫は、コ・ドライバーズ・シートにいた僕の横まで来て、
「京子、このオッサンは誰なの」
 みたいな顔をしたのです。
 僕の恋人が同じ名前だということは、この仔猫も飼主のいい女も知りません。
「走るとこぼれちゃうから、これは捨てましょうね」
 なんて京子は言って、水の入っていた器を取ると、中の水を外に捨てました。
 それを見て僕は、この仔猫が2CVに住んでいるのだということを知ったのです。
 見たらキャットフードを入れる器も、それにクッキーの缶のトイレも、後ろのフロアにちゃんとありました。
「ジェニファーは、この2CVの中に住んでいるんだね」
 僕が言ったら京子は頷いて、雨が降ってビショビショになっていたジェニファーに、とても可愛くインファイトされたので、歩き去るわけにはとてもいかなかったのだが、血も涙もない両親は、建てたばかりの家で猫を飼うことを、拒絶したのだと言ったのです。
 ボクシングが大好きな京子は、仔猫にまといつかれたことを、インファイトされたのだと言いました。
「家なんていつまでも新しいもんじゃないわ。母だって30年前はわたしと同じピカピカの娘だったのに、今では三段腹の婆様(ばあさま)よ。
 それなのにジェニファーが飼えないなんて言うんだから、我が両親ながら何という心の狭い哀しい人たちなんでしょう」
 若い娘は辛辣なことを言うものですが、素敵な女でなければただの口汚ない悪罵です。
 いい女が同じことを言うと、ユニークでとても可愛いのが不思議でした。

 2CVの中にいた京子とジェニファーは、何とも言えず綺麗でチャーミングだったのです。
 仕方がないので、それ以来ずっと2CVの中で飼っていて、つい2週間前に、それまでの飼主と猫の関係から、姉妹になってしまったのだと京子は笑って言いました。
 いい女は泣いても笑っても、怒ったって素敵なのです。
「成長が早くて、僅か3ヵ月でこんなに大きくなったのよ」
 と、目を細めて姉はダッシュボードから生えているシフトレバーを、ガチリとローに入れて、ボロボロババババッと回転を上げて走り出したのです。
 倹約するというよりも、フランス人はむしろ徹底的に無駄を省く人たちですから、燃費と維持費のかからないことを目的にした2CVは、スピードなんかまるで出ません。
 スピードを出すのが楽しい人は、他のクルマを買ってくれ……と、いうことなのでしょう。
 フランス人に限らずヨーロッパの人たちは、全てを兼ねるようなクルマは、あまり好まないのです。
 しかしそれにしても2CVは、かなり極端なクルマでした。
 よく言えば個性的で洒落ているのですが、弱馬力なのは僕の乗っていた30年前も、京子の92年式も同じでした。
 ジェニファーは後ろのシートに敷いてあった専用のブランケットに戻って、気持ちよさそうに昼寝を始めたのです。
「寒くなったら何か暖房を考えてあげなきゃいけないわ。
 ホラ、手で揉むと熱くなるのがあるでしょう。あれはひと晩もつかしら」
 話しながら京子はシフトアップして、上手に弱馬力のクルマを走らせました。
 綺麗な娘と、禿げのデブチンのオッサンに、後ろのシートで長くなっている仔猫の取り合せがおかしいのか、信号機で隣りに並んだ小型トラックのあんちゃんは、目が合うとニコリと笑って頷いたのです。
「背が高くなくてもいいし、ハンサムでなくったって構わないから、あんな心が広くて優しい男と恋をして、ジェニファーも一緒に暮したいわ」
 と、京子が呟いたので、僕は慌てて、まだ早い、早や過ぎるなんてうろたえた浅ましい声で言いました。

 それから5年の月日が、それこそ矢かミサイルのように流れて、ある日、京子から絵葉書が届いたのです。
 見たら美しい南の島で、アメリカの切手が貼ってありました。
「妹を連れて来いと言ってくれた日系の男と恋をして、ハワイにお嫁に来ました。
 主人もとてもお目に掛るのを楽しみにしているので、どうぞマウイ島にいらっしゃったらお電話を下さい」
 なんて、いつでも皮肉で辛辣なことを言い放っていたいい女が、極くまともなことを書いて来たのに、僕は時の経ったことを知ったのです。
 お嫁に行く時に、2CVを京子がどうしたのかは知りません。
 おそらくマウイ島へは、持って行かなかったと思うのです。
 仔猫の頃からずっと2CVの中で育ったジェニファーは、マウイ島の猫とは言葉が通じないで、困っているかもしれないなんて僕は思いました。

 今年の10月に、シニアトーナメントのプロアマに招待されている僕は、マウイ島に行ってゴルフをします。
 京子と亭主、それに大きくなった猫のジェニファーに会うのが、今からとても楽しみです。
 ジェニファーはまだ僕を覚えていて、インファイトをしてくれるでしょうか。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る