MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/13
  • MotorFan編集部

日本もEVシフトヘ大きく前進。トヨタとパナソニックが車載用角形電池事業について協業へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタの豊田章男代表取締役社長(左)とパナソニックの津賀一宏代表取締役社長
トヨタ自動車株式会社と、パナソニック株式会社は12月13日、車載用角形電池事業について協業の可能性を検討することに合意したと発表した。
トヨタの豊田章男代表取締役社長
パナソニックの津賀一宏代表取締役社長

今回のトヨタとパナソニックの合意は、地球温暖化、大気汚染、資源・エネルギー問題という社会問題の解決に貢献し、また、電動車への需要と期待の高まりに応えるために、電動車の中核となる車載用電池のさらなる進化を目指すものだ。
(以下プレスリリースより)
両社は、1953年の取引開始以来、長年にわたり、モノづくりに携わる者として互いに切磋琢磨してまいりました。昨今両社を取り巻く環境が激変する中、日本発のモノづくりで世界に貢献するため、信頼できるパートナーと従来の枠を超えて、新しい価値創造に挑んでいくことが重要との認識で一致しました。

トヨタは、持続可能なモビリティ社会の実現に向け、世界初の量産HV車「プリウス」を発売し(1997年)、燃料電池自動車「MIRAI」を発売する(2014年)など、困難な課題に挑戦してきました。これまで磨き続けてきた、車両電動化技術および商品化における知見や蓄積をもとに、お客様のライフスタイルや地域性に適合した、HV、PHV、FCV、EVなどさまざまなエコカーの開発に取り組んでいます。

パナソニックは、車載用リチウムイオン電池事業を重点事業の一つと位置づけており、車載用電池に求められる様々な要求事項を実現させる技術力を評価いただき、世界の多くの自動車メーカーで採用されています。現在、車載用角形電池については、これまで培ってきた電池事業での技術的な知見やノウハウを活かし、さらに安全で高容量の電池の実現に向け挑戦を続けております。

トヨタとパナソニックは電動車の一層の普及に向けて、車載用電池の性能・価格・安全性等の更なる進化と安定供給能力の重要性を認識しております。今回、両社は業界ナンバーワンの車載用角形電池を実現し、トヨタのみならず、広く自動車メーカーの電動車の普及に貢献すべく具体的な協業内容を検討していきます。

トヨタ自動車 豊田社長スピーチ

皆さま、こんにちは。豊田でございます。
本日はお忙しい中、また急なご案内にもかかわらず、共同記者会見にご出席をたまわり、誠にありがとうございます。

本日、トヨタ自動車株式会社とパナソニック株式会社は、車載用角形電池について協業の可能性を検討することに関する合意書を締結いたしました。

現在、私どもが直面しております温暖化や大気汚染、資源・エネルギー問題といった地球規模での課題を解決していくためには、電動車をより一層、普及させることが必要となってまいります。そのためにも、電動車の重要な基幹部品である車載用電池について、性能・価格・安全性などの面での更なる進化と安定供給能力の確保が喫緊の課題と言えます。

こうした認識のもと、両社は、車載用角形リチウム、全固体など次世代電池の取り組みに加え、その電池の資源調達やリユース・リサイクルなども含めて、幅広く、具体的な協業の内容を検討してまいります。

ここからは、今回の提携に込めた私の想いについて、少しお話をさせていただきます。

トヨタと電池との関わりは古く、1925年にまでさかのぼります。トヨタグループの創始者である豊田佐吉は、当時のお金で100万円の懸賞金をかけて、蓄電池の開発を奨励いたしました。

その翌年の1926年に設立された豊田自動織機製作所の資本金が100万円でしたから、当時としては大変な金額になります。

開発を奨励した蓄電池は、「100馬力で36時間運転を持続することができ、かつ重さは225キロ、容積は280リットルを超えず、工業的に実施できる」というものでした。これが「佐吉電池」といわれるものですが、未だにここまでの性能を持つ電池は開発できておりません。

佐吉は、今日のような「電動化時代の到来」をすでに予感していたのかもしれません。当時から90年以上が経過した2013年、私は静岡県湖西市にある佐吉記念館で、ある方をお迎えすることになります。

いま、私の隣におられる津賀社長です。社長に就任された1年後に、私どもの原点とも言える佐吉記念館をご訪問いただきました。

いろいろなお話をしながら、館内をご案内させていただいたのですが、津賀社長の表情、姿勢、言葉の端々から「創業への想い」と「お国への想い」、そして、「会社を継承する者」としての覚悟がひしひしと伝わってまいりました。

その時から4年の月日が流れ、本日、皆さまの前で、車載用電池の開発というテーマでの協業を、発表させていただく運びとなったわけです。私には、「津賀社長と、佐吉記念館で出会ったときからこうなることは必然であったのではないか」という気がしてなりません。

いま、自動車業界は「100年に一度」と言われる「大変革の時代」に直面しております。
もはや、これまでの延長線上に未来はない。

自分たちの知恵と技術によって、未来を創造しなければならない時代に入ったと認識しております。
未来を創造するために必要なものは、「世の中をもっとよくしたい」というベンチャー精神と「もっといいやり方がある、もっといい技術がある」というベターベターの精神だと思うのです。

パナソニックさんには、長年にわたって積み重ねてこられた車載用電池の業界ナンバーワンの開発力があります。そして、トヨタには、ハイブリッドカーの開発でつちかった電動化技術に加えて、「クルマへの愛」、「クルマを絶対にコモディティにはしないという決意」があります。

さらに申し上げますと、両社には、松下幸之助翁、豊田佐吉、豊田喜一郎という日本の国の発展に人生を捧げた偉大なる発明家、起業家から継承してきた「ベンチャー精神」があります。

本日、私が皆さまにお伝えしたかったことは、両社の提携は、「今よりも、もっと豊かで、もっと楽しいモビリティ社会」を実現するための提携であり、「日本で生まれ育った両社が電動化の時代をリードしていく」という想いを形にしたものだということです。

皆さまのあたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

パナソニック 津賀社長スピーチ

皆さん、こんにちは。パナソニックの津賀でございます。本日は大変急なご案内にも関わらずお集まりいただきまして、ありがとうございます。

私からは、電池事業と、今回の協業への思いについて少しお話させていただきます。

我々の創業者であります松下幸之助は、「事業を通じて世界中の皆様の『くらし』の向上と社会の発展に貢献する」という基本理念を掲げ、当社を発展させてまいりました。

我々はその理念を引き継ぎ、現在は、「A Better Life, A Better World」というスローガンとして掲げ、家電にとどまらず、住宅、車関係の車載、そしてソリューションなどのB2Bという幅広い領域で、お一人お一人のお客様にとっての、「より良いくらし」、「より良い世界」の実現を目指しています。

今、自動車産業では、電動車の立ち上がりにより取り巻く環境が劇変し、産業自体も大きく変わろうとしております。加えて世界の国々でも積極的な動きが見られるのは、皆様ご承知のとおりでございます。

まさに、我々が掲げる、「A Better Life, A Better World」という視点では、本当に、「より良いくらし」を得るためには、「A Better World」、すなわち、「より良い社会」を実現しなければならないということであります。「A Better Life」と「A Better World」、この2つが切っても切り離せない関係になり、高い次元のソリューションが求められる時代が、自動車産業に来ていると思います。

その中で電池は、電動車の普及と、その先にありますサステイナブルな社会への進化に向けて鍵を握るデバイスであり、我々パナソニックにとっても、大変重要な事業になります。

こうした背景の下、我々は自動車メーカー様との連携を強化しながら、開発から生産まで、様々な打ち手を進めております。そして今回、トヨタ様よりお声がけをいただき、その高い志に大いに共感し、協業の検討開始を決断いたしました。

トヨタ様からのご期待にしっかりとお答えし、両社でスピード感を持って検討を進め、実効性のある枠組みになればと考えています。

パナソニックは来年、創業100周年を迎えます。しかし、車の電動化に伴う自動車産業の変革の動きに見られますように、次の100年は、これまでの100年とは比べ物にならないほど、変化の激しい時代になると思っております。

そうした中では、現状を守ろうとするだけでは生き残ることはできません。したがってパナソニックは、培ってまいりました強みを活かしながらも、「チャレンジャー」のマインドを持って、電動車の普及に少しでも貢献してまいりたいと思っております。

是非、ご期待いただければと思います。ご清聴ありがとうございました。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る