MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/13
  • Motor Fan illustrated編集部 生江凪子

3Mのスゴい技術! 35秒が10秒に! 作業効率を上げたい金属加工業・事業主さん必見【動画撮影初】

このエントリーをはてなブックマークに追加
左が3MのキュービトロンⅡで右が従来品。これ、研磨材です。
3Mが神奈川県相模原市に設立して20年を迎えたカスタマーテクニカルセンターがその機能強化を発表したプレス説明会・見学会を行なった際、新しい研磨素材を体験する機会をいただくことができました。商品のテクノロジー詳細は本日(12月15日)発売のモーターファン イラストレーテッド Vol.135をご覧いただくとして、ここでは、まったく新しい概念で作られたその製品の能力の高さを動画でご確認いただきましょう。今回はメディアとして初の動画撮影許可をいただきました。「プロの動画はしょせんプロがやっているでしょ?」とお考えの皆さま、これを見たら納得間違いなし!
Report:生江 凪子(MFi)/Photo&Movie:3M/野崎博史(MFi)
Special Thanks:スリーエム ジャパン株式会社

3Mといえば……?

3Mと言えば……両面テープ(スコッチ)でしょ! スコッチブライト(台所で使っています)! ポストイット(机にたくさん置いてあります)! とすぐにたくさんの商品を口にすることができる、とても身近なブランドだ。もし、3Mという企業名を知らなくても、前述したような生活に寄り添う多くの商品は一度や二度ということなく使ったことがあるはず。
ただその3Mが、世界中の人々に役立つモノづくりを幅広くやっていることは、あまり知られていないかもしれない。かくいう私もそのひとり。企業は知っている、製品も使っている、でも、その全貌は想像もできないほど幅広いということを今回のプレス説明会で知ることができた。

そのひとつが、今回ご紹介する【3M キュービトロンⅡ】

金属加工用研磨材として3Mが開発した新素材のこのキュービトロンⅡがどれだけの素晴らしいのか、いくら文章にしたところで伝わらないと思いますので、モーターファン編集部・体験モノ担当(勝手にそう名乗っている)社内イチ非力なナコが動画でお伝えします。

今回は、10×15×500mm(材質:SUS304)の金属の棒を研磨ベルトで1センチ削るのにどれくらいの時間がかかるのかの体験ですが、従来品の研磨ベルトと【3Mレジンボンドクロスベルト363A】(以下、キュービトロンⅡ/キュービトロンⅡベルト)、両方同じ条件で削ったときの違いは一目瞭然。動画をご覧いただく際は、手元のブレ感、火花の散りかた、接面温度にも注目していただけたらと思います。
研究室内は、企業秘密が満載。そのため、画角が手元のみであることを先にお断りしておきます。

従来品で非力なナコが削ると……

こちらは従来品の3Mレジンボンドクロスベルト(363A)の研磨材です。1センチを削るのに35秒ほどかかりました。ちなみに、じつはキッチリ1センチは削れていないのです。あまりに時間がかかってしまったので途中で「OKです」と……。初心者ゴルファーのグリーン上のようなやり取りがありました。
金属棒を支えているナコの腕が、研磨ベルトの回転力に圧されてブレているのがわかっていただけたかと思います。研磨ベルトは高速回転するため、きちんと支えていないと金属棒がブレて、やりながら、「恐い……やるって言わなきゃ良かった」と思ったほど。

金属を削るためもちろん火花は散りますが、従来品でのその量はかなりのもの。金属棒にこすれることで発生する熱を帯びた鉄の粉が、酸素と急速に反応することで燃焼反応を起こし火花となるわけですが、火花が散るということは熱が外に逃げていることにもなり、研磨効率を考えたとき、切削力が充分に研磨物質へ伝えきれていないことにもなります。
よって、火花の量は、少なければ少ないほど、ヨシ、ということです。

体験者・ナコに筋力がないため、研磨ベルトに対して、金属棒を直角に当てられていない、という原因もあり、終了後の研磨面は、熱灼けを起こしている上に、ナナメになってしまいました……。
熱灼けを起こすということは、研磨面が高発熱であることにも起因します。切削力が弱いと研磨面は高発熱となり、火花量も多くなるということですね。研磨ベルトとの接面が熱を帯びて赤くなっていたことも見ていただけたかと思います。

じゃあ、プロが削ったら?

プロのかたの映像も掲載します。従来品ではプロのかたでも1センチを削るのに約20秒。押し当てている力が強いので、火花の量も、接面の赤くなりかたも、ナコの映像よりも激しいことがおわかりいただけたかと思います。そもそも、構えかたからして、全然違いますから(ナコはビビりすぎて超へっぴり腰)。

さて、従来の研磨材は砥粒の大きさや形がバラバラで、使えば使うほど砥粒のエッジがとれ、全体的に丸みを帯びてしまいます。当たり前ですが、物質を削ったら削っただけ、研磨材側も削れていきます。形も大きさもバラバラな従来品は、研磨材がベルト表面に残っていたとしても、丸みを帯びた砥粒となるため、切れ味を失い目詰まり状態を起こしてきます。するとますます切削力が落ちて……というスパイラルに陥るわけです。(次ページへ続く)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る