MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/16
  • MotorFan編集部

【動画】TOYO オープンカントリーを全開テスト!

オープンカントリーR/TとM/Tの差をダートコースで引き出す!

このエントリーをはてなブックマークに追加
TOYO TIRES OPEN COUNTRY M/T & R/T
TOYO TIRESのSUV用タイヤ”OPEN COUNTRY”シリーズ。その中でももっともハードなオープンカントリーM/Tと、オンロード性能も重視した、オープンカントリーR/Tをダートコースで徹底テスト。プロドライバーによる華麗なテクニックと共に、その違いを動画でご確認頂きたい。

TESTER◎新井敏弘(Toshihiro ARAI) 
DIRECTOR◎小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)
PRODUCER◎野口 優(Masaru NOGUCHI)
Special Thanks◎TOYO TIRES/S&COMPANY/TRANSIT ENGINEERING
【動画】TOYO OPEN COUNTRY M/T vs. R/T

世界一過酷と言われるBaja 1000において鍛え抜かれた、TOYO TIRESのSUV用タイヤ「OPEN COUNTRY M/T」。すでにその性能の一部を本サイトで記事と動画で伝えているが、今回はPCWRCを制覇した、新井敏弘氏のドライブによってその卓越した性能をすべてに渡って引き出すべくダートコースにて徹底テストを決行。さらにこのM/Tに加え、オフロードとオンロード性能を高次元でバランスさせた「OPEN COUNTRY R/T」も同時にテストした。

SUV用タイヤとはいえ、対象車種が多くなる昨今だけに、このテストは必見だろう。何しろ“世界のアライ”が見せる華麗なテクニックにより、OPEN COUNTRYのM/TとR/Tの違いと特徴、そしてドライブした印象をリアルに説明している。特にWRCのイメージが強い新井氏とはいえ、パリ・ダカールラリー参戦の経験もあるだけに、この手のタイヤに対する意識は高い。それゆえ、ドライビングテクニックを駆使したダートコースでのコントロール性の差は見ごたえありだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”
東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る