MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/19
  • GENROQ編集部

新型ベントレー・コンチネンタルGTが日本上陸!

日本へのデリバリーは2018年第3四半期を予定

このエントリーをはてなブックマークに追加
発表されたばかりのコンチネンタルGTとベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレイ社長。
3代目ベントレー・コンチネンタルGTが日本でも発表されました。現在のベントレー躍進の原動力とも言えるコンチネンタルGTの最新作だけに注目は高まります。その進化の中身をご紹介します。

新型ベントレーコンチネンタルGTが発表されました。すでにフランクフルトショーで登場した3世代目になります。コンチネンタルGTといえば2003年に登場し、新世代ベントレーを築いた名作だけに期待は高まります。ポルシェとプラットフォームを共用し、前輪を従来よりも135mm前側に配置できました。横から見ると、よりスポーツカー的な佇まいとなっており、前後異形サイズのタイヤもまた前傾姿勢のアスリートのようです。ボディサイズはほとんど変わりませんが、アルミボディで85kg軽量化されています。

迫力の6リッターW12エンジン

エンジンは6リッターW12ターボで最高出力635ps、最大トルク900Nmと超強力。組み合わされるトランスミッションは8速DCTとなります。駆動方式はアクティブAWDで後輪駆動気味の配分となるようです。最近流行のトルクベクタリングやベントレーらしい走りを実現するエアサスなどでスポーティな走りはもちろんコンフォート寄りにもセッティングされます。ちなみに0-100kmは3.7秒。最高速は333km/hとなります。

1952年に登場したコンチネンタルRタイプや、近代建築物をモチーフにしたデザインは最新でありながら、どこか懐かしい感じのする普遍的なデザインです。室内のデザインも同様に洗練された最新のものでありながら、高級時計に採用されるコートドジュネーブと呼ばれる仕上げを選択できたり、ベントレーに期待されるすべてを実現しています。

運転支援技術は追従クルコンや自動ブレーキなど最新世代が採用されており、これまで以上に快適なドライブが楽しめるでしょう。なお国内デリバリー開始は2018年第3四半期で価格は2530万円との由。来年期待の一台なのは間違いありません。

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る