MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/25
  • Motor Fan illustrated編集部

メルセデス・ベンツ、フランスにアドバンスト・デザインセンターを新設。

このエントリーをはてなブックマークに追加
メルセデス・ベンツが世界各地にアドバンスト・デザインセンターを設置し、グローバルネットワークの構築を進めている。2018年には “フランスのシリコンバレー” とも呼ばれるコートダジュールに新たにデザインセンターを建設する予定だ。同社はグローバルデザインネットワークを通じて世界各国の最先端のデザイントレンドを把握しつつ、自動車のデザインへの応用などを研究する計画だ。

「世界中にデザインセンターを置くことによってわれわれは常に“最新のデザイン”を知ることができ、最先端のデザイン研究ができるのです」
とダイムラーAG デザイン主任のGorden Wagener氏は言う。
「われわれのデザイナーたちには理想の環境のもと、自由なアイディアを出してもらいたい。このアドバンスト・デザインセンターはその大きな第一歩だ」とコメントした。
メルセデス・ベンツブランド発祥の地としてもなじみのあるフランスのアンティーブにできるアドバンスト・デザインセンターは全長50m、幅20mの建物で、国内のデザイナーたちの本拠地となる。50ものデザインルームの中で外見からインテリアまで、メルセデス・ベンツのデザインが生み出されることになる。また、近年自動運転やIOT など、デジタル化が自動車分野でも進んでいることも踏まえて、ユーザーインターフェースなどのデザインもここで研究するとのことだ。

同センターではメルセデス・ベンツ社最新のワーキング形態を取り入れる予定だ。フラットな組織、時間や場所にとらわれない柔軟な勤務、さまざまな分野の学者・技術者が協力できる学際的な場。これらはデジタル化が進んだ社会のなかでは必要不可欠だと同社は考えている。アドバンスド・デザインセンターはメルセデス・ベンツの設計思想である“センシャル・ピューリティ(官能的な潔白さ)”をさらに追い求める一方、新しいアイディアでデザイン界をけん引してゆくとのことだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る