MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/26
  • Motor Fan illustrated編集部

それでも2017年は大きく進化した 横並びで見るとわかるホンダF1のパワーユニット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Honda RA617H 2017年マクラーレン・ホンダに積んだパワーユニット
2017年のF1グランプリ。マクラーレンと組んで3年目のホンダは、今年も苦戦したままシーズンを終えた。とはいえ、その中身は大きく進化していたのだ。
Honda RA617H

毎年年末に刊行しているMFi特別編集『Motorsportのテクノロジー』では、毎年年末にその年のモータースポーツ関連の技術取材を行なっている。その中心は、やはりF1である。
2015年から3年連続で、シーズンを終えたばかりのタイミングにホンダのF1開発拠点であるさくら研究所で取材を行なった。いわば「定点観測」である。複雑きわまりないパワーユニットを同じ角度から撮影する。さらにディテールも徹底的に撮影。そのうえで開発エンジニアのお話を伺う。
その成果は、12月25日発売の『Motorsportのテクノロジー2017-2018』に収められている。

2015年 Honda RA615H。マクラーレンと組んだ最初の年のパワーユニット。「サイズゼロ」コンセプトで、とにかくコンパクトなPUだった。
2016年 Honda RA616H。RA615Hから大きく変化しているのが、見て取れる。
2017年Honda RA617H。

2015年のRA615Hと2016年のRA616H、2017年のRA617Hを同じアングルで並べてみた。2015年仕様と比べると、最新版はずいぶんたくましくなったように見える。2015年に見たときはそうは感じなかったのだが、2017年仕様を見た後に比べると、いかにも華奢な印象だ。


こうして並べると、RA615H/RA616HとRA617Hとでは、まるっきりコンセプトが異なることが、外観からも伝わってくる。

RA616Hに対してRA617Hは、どこがどう変わったのか。変化点とその背景をまとめた。また、外から見える部分だけでなく、中身(燃焼コンセプト)の話もたっぷりと解説している。
エンジンの話だけでなく、パワーユニットのエネルギーマネジメントについても取材した。


MFI特別編集『Motorsportのテクノロジー2017-2018』
年末恒例のMFi特別編集「Motorsportのテクノロジー」の2017-2018年版。F1、GT、WEC、パリダカ、そして日本人ウィナーが誕生したIndyCarのRacing Technologyも美しい写真・図版ともに解説。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る