MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/29
  • 遠藤正賢

ミツオカ・ライク-T3の乗用モデル「ライク-P3」が大阪モーターショーで初公開!

最小回転半径2.3mの小回り性能を持つ4人乗り三輪EV

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミツオカ・ライク-P3
光岡自動車は12月7日、三輪商用EV「ライク-T3」をベースにした乗用モデル「ライク-P3」を発表。同月8~11日にインテックス大阪で開催された「大阪モーターショー」で初公開した。
ミツオカ・ライク-P3

2人分の座席と最大積載量100kgの荷台を備え、荷物運搬用途目的に開発されたライク-T3に対し、ライク-P3は「人の移動」を主体に開発された4人乗りモデル。観光地の周遊用途や大型施設でのサポートカー、または高齢化・過疎化地域における移動手段としての用途を想定している。

種別は原付四輪車と軽自動車の中間にあたる、250cc以下の側車付軽二輪車に位置付けられる。リヤオーバーハングに電池を搭載して後輪軸への荷重配分を考慮したほか、最大安定傾斜角は42°を確保。また三輪のため最小回転半径は2.3mと、抜群の小回り性能を実現している。発売時期、販売価格は未定。

【Spec】
ミツオカ・ライク-P3
・駆動方式…後輪駆動
・車輪数…3(前輪1、後輪2)
・全長×全幅×全高…2,485×1,170×1,075mm
・ホイールベース…1,610mm
・乗車定員 …4人
・最小回転半径…2.3m
・航続距離…約60km(40km/h定地走行時)
・バッテリー種類…リチウムイオン
・バッテリー定格電圧…72V
・総定格電力量…4.3kWh
・充電器電源電圧…AC100V
・充電時間…最大約6時間
・定格出力…3.0kW
・最高出力…5.6kW
・減速比…5.98
・発売時期…未定
・販売価格…未定

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る