MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/29
  • 遠藤正賢

ダイハツ・タントがパノラマモニター採用で安全性能をアップ! スバル版「シフォン」も同時に進化

両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを装備しながらお買い得な特別仕様車も

このエントリーをはてなブックマークに追加
ダイハツ・タントX“リミテッドSA3”
ダイハツ工業は12月18日、背高軽ワゴン「タント」を一部改良。同日より販売開始した。
パノラマモニターの作動イメージ

今回の一部改良では、4ヵ所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全性能を向上させた。価格は1,220,400~1,873,800円。

ダイハツ・タントカスタムX“トップエディションリミテッドSA3”

また「タント」には新たに特別仕様車として「タント X“リミテッドSA3”」、「タントカスタムX“トップエディションリミテッドSA3”」を追加。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LEDヘッドランプを装備しながらお買い得な価格設定としている。

価格はタントX“リミテッドSA3”のFF車が1,485,000円、4WD車が1,609,200円。タントカスタムX“トップエディションリミテッドSA3”のFF車が1,684,800円、4WD車が1,809,000円。

スバル・シフォンGスペシャルスマートアシスト

スバルへのOEM車「シフォン」も同日、同様の一部改良を受けたほか、追加グレードとして「Gスペシャルスマートアシスト」、「Rスペシャルスマートアシスト」を設定している。価格は1,285,200~1,873,800円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”

MotorFanオリジナル自動車カタログ

東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る