MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/31
  • 男の隠れ家

キャンピングカーで行く親子 北茨城の旅【フィアット・デュカト】〔2/3回〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

慌ただしい準備は不要会話を愉しむ時間も増える

久しぶりに常磐自動車道を走って感じたのは「これほど関東平野の広さを実感できる道はないのでは?」
ということだ。利根川を越えてしばらくの間、車窓を流れる風景に山らしい山は見えない。前方左手に筑波山が見えてくるまで、空の広さを十二分に堪能し、早くも目的のひとつを叶えることができたのだ。

それに今回の旅の足「エアーズロック・チャムスエディション」は、キャンピングカー専用に設計された車両ではなく、バン、ミニバス、トラックといった様々な用途に使われているフィアット・デュカトがベースだ。ヨーロッパの街中では、配達などに使われている姿をよく目にすることができる。取り回しがよく、大きな窓やミラーのおかげで良好な視界を確保している。そんなデュカトをベースにして、ドイツの人気ビルダーのHYMER(ハイマー)社が手がけたキャンピングカーである。

2・3ℓディーゼルターボエンジンはパワーもトルクも申し分なく、重量のあるキャンピングカーながら高速走行も楽にこなしてくれた。しかも右ハンドル仕様なので、ストレスは一切感じることがなかった。それどころか、少し高い視点から眺められた関東平野の風景は、格別なものに感じられたのだ。

ガラストップが付いたシンクと2口ガスコンロを装備。走行中などはガラストップを閉めておけば安全だ。シンクの下には65ℓ入りの冷蔵庫や物入れが装備されている。 コンロはLPガスを使用。ボンベは2本積むことができるので長期キャンプでも安心 だ。給水、排水ともに100ℓのタンクが用意されている。
ルーフのポップアップも力いらず。簡単に2人分のベッドスペースを確保することができる。

そんなクルマで快適なクルージングを楽しんでいると、那珂(なか)インターが近づいて来た。ここからは国道118号線で大子町を目指す。キャンプ場へ向かう前に、まずは国道118号線と久慈川(くじがわ)に挟まれた場所にある「道の駅 常陸大宮かわプラザ」に立ち寄ることにした。ここは「自然とふれあえる施設づくり」を目指した施設で、地元のJAと協力し、近隣を中心に150種を超える新鮮な野菜などを販売しているのだ。
 
道の駅で夕食と翌日の朝食の食材、それに男二人の口を滑らかにする地酒を買おうと提案してきたのは息子であった。食材の品数に関してはスーパーマーケットの方が多いだろうが、旅心をくすぐられるといった点では道の駅に軍配が上がる。ついつい屋台で売られていた鮎の塩焼きにまで手を延ばしてしまった。

必要な食糧などはだいたい揃ったので、後はキャンプ場を目指すだけなのだが、ここでまた寄り道の誘惑
に負けてしまう。常陸秋そばの幟旗を素通りできなかったのだ。もともと「男二人で旅をする」という事以外、特に目的はなかったので、すぐさま古民家風のそば屋の暖簾をくぐることに決まった。

茨城県内で12番目となる道の駅である「常陸大宮かわプラザ」は、新鮮な 地場野菜などが売られているだけでなく、体験農園も併設されている。 食事やお土産に加えて、新しい楽しみ方ができる道の駅なのだ。

常陸秋そば

茨城県をドライブすると「そば」の文字が書かれた旗を多く目にする。
1978年に常陸太田市の在来種から高品質な種を厳選・育成させた常陸秋そばだ。ブランド品種として県内各所で供され、程良い甘みや香りが特徴。常陸を訪れた際には味わっておきたいひと品だ。

こうして寄り道を繰り返したため、グリンヴィラに到着したのは夕方になってしまった。秋の夕暮れは早いので、テント泊のキャンプでは準備している最中に真っ暗になってしまっただろう。だがAC電源付きのキャンピングカーサイトを予約したため、クルマを駐車さえすればキャンプサイトはほぼ完成。あとはレンタルしたテーブル&チェア、焚き火台などをセットするだけだ。
 
日常生活では味わえない自然や仲間たちとの一体感を楽しむ。それがキャンプの醍醐味。だが今回の旅の目的は、男二人で気ままに行動することと、できるだけ多くの会話を愉しむことが第一だ。準備や後片付けの手間を省いてくれたキャンピングカーが、その目的を最大限にサポートしてくれたことは間違いない。
 
素早く焚き火台で火を熾すと、道の駅で手に入れた新鮮な野菜や加工肉などをテーブルに並べる。それに
酒があれば十分と感じてしまうのも、キャンプの夜ならでは。食べきれないほどの料理が並ぶ旅館と違い、ここでは会話も最高のご馳走になるのだ。時間はたっぷりある。ということで、その夜は久しぶりに息子との会話を大いに愉しんだ。細かな内容までは忘れてしまったが……。

ごく簡単な食事しか用意しなかったにもかかわらず、会話はおおいに弾んだ。キャンプという魔法のおかげか、はたまた酒の力か!?
道の駅で手に入れた地元のワイン。
焚き火の炎が、父と息子の距離を縮める役割を果たしてくれた気がする。

車定員は4名で就寝人数も4人。ルーフベッドとリアベッドにそれぞれ2人ずつが就寝。ルーフベッドに上がる際のラダーは着脱式
リアベッドは大人2人が並んで横になるにはやや狭い。大人2人、子供2人というのが理想的なサイズと思われる。
ルーフの就寝スペースは2人。屋根裏部屋感覚で楽しい。

AyersRock CHUMS Edition エアーズロック チャムス エディション

ドイツのHYMER CARをベースに、アウトドアブランド・CHUMSとコラボした「AyersRock CHUMS Edition」を使用。
RVランドでレンタルだ可能だ。広々とした車内は居心地が良くクルマ旅には最適の一台である。
ベース車両/フィアット・デュカト シフト・駆動方式/6SRG(6AT) / 2WD 全長×全幅×全高/5410×2080×2700mm エンジン/2287cc 燃料/軽油 定員(乗車・就寝)/4人
問い合わせ/RVランド ☎0297-27-6767 

キャンプを通して父と息子の距離が縮まった⁉︎ VOL.3へ続く。


隠れ家にキャンピングカー、という選択が気になる方はコチラ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る