MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/05
  • G-WORKS編集部

昭和40年式〜のクルマでドラッグコースを走る

古いクルマは加速力、スゴいのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真は2017年4月富士スピードウェイで行われたドラッグレース。手前の車両がライジングガレージ・フェアレディZ S30で、富士では路面が悪くタイムは出ないが、2017年11月のセントラルサーキットではなんと10秒3の記録を樹立した!!奥のオレンジ色のマシン、ラウンドエンジニアリング・フェアレディZ S30も10秒4台で走る!!
「旧車はカッコいい!!」と雰囲気だけで語るのは分かりにくいシリーズ、今回も分かりやすく数字で示していきましょう♪今回の数字は、止まっている状態から400m地点までの速さを競う、「ドラッグレースタイム」。日本ではゼロヨンといった方が分かりやすいかな?果たして古いクルマはどれくらいのタイムで走るのでしょうか?

こちらがライジングガレージ・S30に搭載されているL28型改エンジン。各部をチューニングして400ps近いパワーを発揮し、車重も軽量パーツを使用して800kg台に納めている。

 前回ではサーキットを走るために作られたクルマではなく、公道を快適にカッコよく走るために作られた旧車が、サーキットをどれくらいのタイムで走るのかを見てもらったけど、今回はもっと単純に止まっている状態からどれくらいの加速力で駈け抜けるのか?を数値で見てもらうため、旧車のドラッグレース車両を紹介しよう。一般公道で言えば信号が青になってスタートし、どれだけ加速し速いのか?昔はゼロヨンとかシグナルグランプリとか流行っていた時代は、そこら中で競っていたものだ。(ごく一部の地域で♪)
今回紹介するのはストックボディと言って、市販されていたボディを使いエンジンはNA3.5リッター以下、ドラッグスリックを履いたクラスの車両。ベースはフェアレディZ S30で基本的な部分は変えずに軽量化を行ったマシンだ。ま、簡単に言ってみればストリートを走っていてもおかしくない仕様だね。そんな旧車がゼロヨンをどれだけのタイムで走るのかそれはなんと10秒3で走るのです!!ターボじゃないっすよ、昭和48年程度の車体とエンジンを使って、(もちろんエンジンはフルチューン)こんな超絶なタイムを記録するのだ!!

因みに国産市販車最速はやはりR35GT-R(nismo)で11秒6前後というデータ。なんと1秒以上も速いというとてつもない速さを記録しているのだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”
東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る