MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/08
  • 遠藤正賢

トヨタ・アルファード/ヴェルファイア「ロイヤルラウンジ」もマイナーチェンジ、エアロ仕様が選択可能に!

フルパーテーションを全車標準装備

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・アルファード・ロイヤルラウンジ(ハイブリッド車)
トヨタモデリスタインターナショナルは12月25日、高級背高ミニバン「アルファード」および「ヴェルファイア」のマイナーチェンジに伴い、4人乗り架装車「ロイヤルラウンジ」をマイナーチェンジ。アルファードをトヨペット店、ヴェルファイアをネッツ店で同日に発売した。
トヨタ・ヴェルファイア・ロイヤルラウンジ(ハイブリッド車)

ロイヤルラウンジは、ベース車のアルファード/ヴェルファイアが持つ広大なリヤキャビンを2席のみとすることで、従来のVIPセダンを凌駕する頭上空間と足元スペースを確保。24インチ液晶ディスプレイとJBLプレミアムサウンドシステム、リヤエンターテインメントシステムに加え、新たにフルパーテーションを全車標準装備し、よりプライベートで落ち着きのある空間へとリニューアルした。

フルパーテーション
専用VIPシート

なお、ファーストクラスのシートのように背中から頭部までを包み込むハイバックチェアを採用する専用VIPシートや、エア圧によって作動するリラクゼーションシステム、シートリクライニングやテレビなどの様々な快適装備を直感的に操作できる集中コントロールタッチパネルは引き続き装着される。

また、ベース車両となる「エグゼクティブラウンジ」は、新たにエアログレード「アルファード・エグゼクティブラウンジS」、「ヴェルファイア・エグゼクティブラウンジZ」が設定されたことで、外観の選択肢が広がった。

価格は15,311,160~15,785,280円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【試乗記】SUVの魅力をさらに引き出す ”TOYO オープンカントリー A/Tプラス”
東京オートサロン2018
モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る