MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. クラウン

超指向性スピーカー「プレミアムダブルツィーターシステム」も設定 新型クラウンは西陣織シートが装着できる!?【東京オートサロン2018・トヨタ純正用品/TRD/モデリスタ】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ純正用品クラウンコンセプト

1月12日より幕張メッセで開幕した東京オートサロン2018において、GRスーパースポーツコンセプトと並んで来場者の注目を集めていたのが、4台固めて展示されていた、正式発表を半年以上先に控える、新型クラウン(コンセプト)のカスタムカーだ。

トヨタ純正用品クラウンコンセプト

そのうち「トヨタ純正用品クラウンコンセプト」は、エクステリアにフロントスポイラー、リヤスパッツ、サイドプロテクションモール、18インチアルミホイール・オリジナルスピン加工&タイヤセットを装着し、新型クラウンならではの風格とスポーティなテイストをさりげなく高めている。

西陣織をあしらったトヨタ純正用品クラウンコンセプトのリヤシート
西陣織をあしらったトヨタ純正用品クラウンコンセプトのフロントシート

そして、他の3台にはないインテリアパーツとして、京都・西陣織をサイド部やアームレストなどにあしらったシートおよびフロアマットを装着。マットブラックのレザー&スエード生地の中に、白の流線と菱柄を組み合わせた西陣織がアクセントとして加わることで、“和”のテイストに満ちた室内へと仕立てられていた。

西陣織をあしらったトヨタ純正用品クラウンコンセプトのリヤアームレスト
展示車両はシート生地そのものが西陣織を組み合わせたものに変更されていたが、市販化の際には西陣織入りシートカバーとして発売されるとのこと。だが、展示車両に装着されていた西陣織シートの完成度は非常に高く、しかも来場者が乗り降り可能な状態で公開されていたため、耐久性も充分に確保されているものと思われるため、モデルライフ中に特別仕様車または一部改良で追加されることを大いに期待したい。

ダッシュボード上部左右に装着されたプレミアムダブルツィーターシステム
さらに、トヨタ純正用品クラウンコンセプトのダッシュボード上部左右には、デンソーテン製の「プレミアムダブルツィーターシステム」と呼ばれるスピーカーが装着されていた。

これは、音の聞こえる範囲を運転席または助手席に絞り込んだ「超指向性スピーカー」と呼ばれるもの。東京モーターショー2017のデンソーテンブースで展示されていたものは、ナビの音声案内やハンズフリー電話の通話をドライバーのみに聞かせるためのスピーカーとして提案されていた。

これに対し「プレミアムダブルツィーターシステム」では、各スピーカーの中央に乗員を配置できず、左右対称の理想的な音場を構築しにくいカーオーディオにおいて、特に車内全体で反響しにくい中高音を補正、左右均等かつクリアに聞こえる音響特性を運転席および助手席の乗員に与えてくれる。

市販時の価格は不明だが、高音質のカーオーディオを手に入れるには数十万円のメーカーオプションを選択しなければならないのが一般的な中で、比較的安価に、かつ後付けでいつでも追加できる高音質オーディオとなることと思われる。

クラウンコンセプトTRD

マットブラックのフルラッピングが施された「クラウンコンセプトTRD」は、フロント・サイド・リヤバンパー・トランクの各スポイラーに加え、20インチアルミホイール&タイヤセット、エンジンカバーカーボン調フィルムを装着。

クラウンコンセプトTRD

さらに、エンブレムにスモークメッキ塗装を施したほか、大口径マフラーを装着。各パーツの造形はシンプルながら機能的で、それらが黒を中心にコーディネートされることで、新型クラウンの“ワル”な部分が強調された、迫力あるエクステリアとなっている。

クラウンコンセプト・モデリスタ

漆黒メッキ加飾入りのフロントウィングスポイラー、サイドスカート、リヤスタイリングキットを装着した「クラウンコンセプト・モデリスタ」は、足元にスーパーブライトクローム×ポリッシュ仕上げの20インチアルミホイール&タイヤセットを装着し、より押し出しの強いエアロフォルムを構築。

クラウンコンセプト・モデリスタ

さらに、フェンダーとドアミラー、フォグランプベゼルにガーニッシュを追加することで、ドレッシーなテイストを作り上げている。

トヨタ・クラウンコンセプト テストカー

これらメーカー直系カスタムカー3台に加え、東京オートサロン2018のトヨタブースには「トヨタ・クラウンコンセプト」の名で、2017年6月に行われたクラウン史上初となるドイツ・ニュルブルクリンク北コースでの走行テストと同じ、厳重な偽装が施されたテストカーも展示。

トヨタ・クラウンコンセプト テストカー

運転席にはスパルコの4点式シートベルトが装着されており、新型クラウンがニュルを含む数々の厳しい走行テストを経て開発されていることを伺わせていた。

トヨタ・クラウンコンセプト
トヨタ・クラウンコンセプト

トヨタ・クラウンコンセプト
15代目となる新型クラウンは、東京モーターショー2017で世界初公開された「クラウンコンセプト」をベースとし、2018年夏頃発売予定。様々なバリエーションからカスタマイズを楽しめる1台としても、その正式デビューが待ち遠しい。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ