MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/24
  • MotorFan編集部

水冷DOHC・15psのスポーツミニ「GSX-R125 ABS」、1月26日新発売【スズキ】

GSX-Rシリーズの末弟が124ccで登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキはスポーティなフルカウルと前後17インチの大径ホイール、パワフルな水冷4ストDOHC4バルブ単気筒124ccエンジンを採用した「GSX-R125 ABS」を1月26日より発売する。(REPORT:北秀昭)
GSX-R1000R ABSと共通イメージの大型の「SUZUKI」ロゴデザインを採用した「トリトンブルーメタリック」。
精悍なイメージの「ソリッドブラック(半ツヤ)」。
清楚なイメージの「ブリリアントホワイト」。

「GSX-R125 ABS」はスズキのスポーツモデルの最高峰『GSX-Rシリーズ』の血統をしっかりと受け継ぎ、維持費もリーズナブル(車検なし/年1回支払う税金は原付扱いなので格安等々)原付二種のスポーツモデルである。バイクビギナーやお金に余裕のない若年層はもちろん、"遊べるサブバイク"としてもオススメの一台だ。

今回新登場したGSX-R125 ABSは、GSX-Rシリーズのテクノロジーを投入した、15psを叩き出すハイパワーのDOHCエンジンや、新設計の軽量&コンパクトなフレームや車体を採用。スムーズで軽快な加速感を実現し、 街乗りからワインディングまで様々なシーンにて走る楽しさが堪能できるよう味付けされている。

外装はフルカウルを採用したGSX-Rシリーズ伝統のスポーティなスタイリング。前後ホイールは高速域でも優れた直進安定性&コーナリング性能を誇る大径17インチ。初心者にも安心の「ABS(下記参照)」や、スタータースイッチを押し続けずともワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い機構も標準装備されている。GSX-R125 ABSのポイントを挙げてみよう。

【外装・メーター】

・GSX-Rシリーズを踏襲した軽量・スリム・スポーティーなフルカウルを採用。ハンドル位置を低くし、ヘッドライトを前方にレイアウトしてシャープなイメージを演出。カウルは前面の表面積を縮小したデザインで空気抵抗を低減。リヤ周りもスポーティーなフォルムにデザインされている。
・ヘッドライトはLEDを採用したGSX-Rシリーズ共通イメージの縦型2灯型。
装備
・長距離の走行にも安心な大容量の11L燃料タンク。
・フルデジタル表示の多機能メーター。
・一目でギヤポジションが分かるギヤポジションインジケーターを採用。
・鍵穴へのいたずらや盗難を抑止するワンアクション式シャッター付ステアリングロックを装備。グローブを した状態や、夜間の鍵穴が見えにくい状況でも、シャッターを開ける際はキーマスコットを指定部に押し込み、閉める際はノブを操作するだけで開閉が可能。

【エンジン】

・エンジンは水冷4ストDOHC4バルブ単気筒124cc。GSX-Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力15ps/10,000rpm、最大トルク11N・m(1.1kgf・m)/ 8,000rpmを発揮。また48.2/Lの低燃費を実現。
・レースで培った技術を投入し、耐久力と高出力に耐える軽量ピストンを開発。またフリクションを低減させる低張力薄型ピストンリングを採用。
・スムーズな出力伝達を可能にする6速マニュアルトランスミッションを採用。
・スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけで、スターターモーターを回転させてエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」を採用。ニュートラル時はクラッチレバーを握らなくても始動可能。

【フレーム・車体】


・軽量&高剛性フレームに加え、GSX-Rシリーズの技術を投入して設計されたコンパクトな車体に設定。ショートホイールベースや134kgの軽量&スリムなボディにより、街乗りでの扱いやすさやワインディングでの高い操縦性を実現。
・セパレートハンドルによるスポーティーなライディングポジション。
・785mmの低いシート高により 良好な足着き性を実現。

【足周り】


・前後輪にスポーティーな10本スポークの17インチ大径アルミ製キャストホイールを採用。
・花弁形状のペータルブレーキディスクを装備。
・前後輪に取り付けられたホイールスピードセンサーにより各車輪速度を検知し、
ブレーキの効きを自動的にコントロールして車輪のロックを一定範囲内で防ぐABSを標準装備。
・1人乗りでも2人乗りでも、街乗りからワインディングまで幅広く、快適性とスポーツ性を両立した走行性能を発揮し、ホイールのストロークに応じてレバー比が変化するリンク式モノショックサスペンションを採用。

■主要諸元■
全長/全幅/全高:2,000mm /700mm /1,070mm
軸間距離/最低地上高:1,300mm/160mm
シート高:785mm
装備重量:134kg
最小回転半径:2.6m
エンジン型式:水冷4サイクル単気筒DOHC4バルブ
総排気量:124cc
内径×行程/圧縮比:62.0mm×41.2mm/11.0
最高出力:11kW(15ps)/10,000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m)/8,000rpm
燃料供給装置形式:フューエルインジェクションシステム
始動方式:セルフ式
点火方式:フルトランジスタ式
潤滑方式/潤滑油容量:ウェットサンプ式/1.5L
燃料タンク容量:11L
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
変速機形式常時噛合式6段リターン
減速比(1次/2次):3.285/3.214
フレーム形式:ダイヤモンド
キャスター/トレール:25°30'/93.3mm
ブレーキ形式(前/後):油圧式シングルディスク(ABS)/油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前/後):90/80-17M/C 46S/130/70-17M/C 62S
舵取り角:左右35°
乗車定員:2名
価格:386,640円

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る