MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/26
  • Motor Fan illustrated編集部 世良耕太

”いつかは、ル・マンへ” 名門ヨーストと組んで北米のレースシリーズIMSAにフル参戦するマツダの“狙い”と“思惑”

マツダチーム・ヨースト デイトナ24時間レースに挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダは、最上位カテゴリーの「プロトタイプ(P)」にデイトナプロトタイプ・インターナショナル(DPi)規格の車両を送り込んでいる。
IMSA WeatherTechスポーツカー選手権の開幕戦、「ROLEX 24 DAYTONA」(デイトナ24時間)が米フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで開催されている(決勝レースは1月27日〜28日に実施)。このレースにはマツダ、日産、アキュラ、レクサスの日本関連ブランドが関わっている。
TEXT & PHOTO◎世良耕太(Kota SERA)

2017年からDPiが導入されたのに合わせ、マツダはRT24-Pを開発し、2台をシリーズに送り込んだ。マツダ・ノース・アメリカン・オペレーション(マツダの北米拠点。以下MNAO)でモータースポーツ活動を統括するジョン・ドゥーナンに、北米におけるマツダのモータースポーツ活動について聞いた。

──北米マツダにとって、IMSA WeatherTechスポーツカー選手権に参戦する意義を教えてください。

ドゥーナン「IMSA WeatherTechスポーツカー選手権はマツダのモータースポーツ・ストラテジーの頂点に位置する。ピラミッドの頂点がIMSAなら、底辺に位置するのはグラスルーツだ。アメリカでは、マツダのカスタマーによるグラスルーツモータースポーツの参加率は55%にも達する。それもあり、グラスルーツではマツダブランドを好きになってもらうのが狙い。また、才能のあるドライバーに成長するチャンスを用意している」

──それがピラミッドの中間に位置する階層。

「そうだ。レーシングドライバーになりたいという夢を実現するための階層で、スポーツカー部門ではグローバルMX-5カップなどを用意している。オープンホイール部門は『マツダ・ロード・トゥ・インディ』と名付け、スポーツカー部門と同様に3階層を用意している。IMSAにDPiで参戦することはマツダにとってとても重要だ。なぜなら、DPiはマツダブランドの究極の表現であり、IMSAはマツダストーリーを発信する場にふさわしいと考えている」

2018年型『マツダRT24-P DPi』は見た目こそ2017年モデルと大きな変更はないものの、事実上まったく新しいクルマとなっているという。

──RT24-Pは、マツダの市販車でおなじみの「魂動デザイン」が採用されています。

「マツダの北米と日本のデザイナーが協力してRT24-Pのエクステリアをデザインした。ロードカーの魂動デザインをレースカーに融合させたわけだが、マツダが掲げる『人馬一体』の究極の表現でもある。実は、MNAOのチーフデザイナーがこの週末デイトナにやってくることになっているんだ」

──それはなぜ?

「RT24-Pのインテリアをスタディするためだ。ドライバーの着座姿勢といった基本的なところから、人間工学的な観点、操作系、視界などを確認する。(カリフォルニア州)アーバインにあるデザインスタジオにRT24-Pのコックピットを再現し、将来のマツダ車のコックピットデザインの参考にするつもりだ。いずれ、プロトタイプレースカーとロードカーがダイレクトな結びつきを持つことになる」

チーム・ヨーストは、1999年から2016年までWEC世界耐久選手権にアウディスポーツ・チーム・ヨーストとして参戦してきた。これまでル・マン24時間では通算16度の総合優勝を飾っているほか、デイトナ24時間、セブリング12時間でも複数回の総合優勝を手にしている耐久レースの名門中の名門だ。

──2017年はシーズン途中でスピードソースとのパートナーシップを終了し、ヨーストレーシングと新たなパートナーシップを結びました。

「スピードソースとのパートナーシップは長期にわたった。その観点から言えば、非常に難しい決断だった。だが、パフォーマンスの観点から言うと、レベルを上げる必要があった。2016年の半ばにDPiの参戦について準備していた頃、ヨーストと組む選択肢はなかった。なぜなら、彼らはまだWEC(世界耐久選手権)でアウディと組んでいたからだ。ところが10月にアウディと別れることになった。ヨーストとはちょうど1年前のデイトナで交渉を始めたんだ。彼らはプライベーターではなくマニュファクチャラーと仕事をしたがっていた」

──力強いパートナーを得ました。

「彼らの実力は記録が物語っている。ル・マンでは16回優勝し、デイトナ24時間でも複数回優勝している。世界で最も偉大なスポーツカーチームとパートナーを組むことができる機会はそうあることではない。難しい決断ではあったが、マツダにとって素晴らしい決断だったと思っている」

エンジンは、MZR2.0ℓ2.0ℓ直列4気筒ターボ。

──マルチマチック製のシャシーに大幅な改良を施したそうですね。

「サスペンションと冷却、空力を見直した。ドライバーは『まったく別のクルマになった』と言っているよ。もちろん、いい方向にね。2018年のRT24-Pは、レースに勝ち、チャンピオンシップを制するためのパッケージになった」

──ところで、車名に含まれている「24」は、ル・マン24時間の「24」ではないのですか?

「ある意味ね。正確には24時間レースの『24』だ。あくまでも、ドライバー育成プログラムの頂点として、デイトナ24時間への出場を頂点に据えている。現在のレギュレーションでは、DPiがル・マンに参戦することを許していない。ただ、(ル・マン24時間を統括する)ACOは、DPiのバリューを気にしているようだ。デイトナ24時間にも視察に来るに違いない。いつか、DPiがル・マンに参戦できるようになるといいと思っている」

──ありがとうございました。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る