MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/03
  • MotorFan編集部

クルッと回せば、もっとビッグなハイエースが完成!【ジャパンキャンピングカーショー2018】

ハイエースユーザー待望の、ミラクルアイテム登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワンボックスのセカンドシートでくつろぐ幸せなひと時、「これさえなければなぁ」と思った事はないですか?

そう。ジャマになる運転席と助手席のシートバック。これをサクッと180度回転。するとさらに広大なスペースが出現。2/2(金)〜 4(日)に幕張メッセにて開催の日本最大の「ジャパン キャンピングカーショー2018」で密かに注目を集めていたパーツでした。

その優れモノの名は「Tilt Swivel Seat」。一部の高級キャンパーやヨーロッピアンキャンパーには装備されているシートの回転機構だが、国産ワンボックス用、しかもパーツとして発表された。

写真は車中泊車のベストセラーであるハイエース用。オリジナルキャンピングカー開発の老舗、WHITE HOUSEのコンプリート車両でのスイベルシートのノウハウが満載だ。

セカンドシート側からの操作でクルッとシートが回転。最初のアクションでシート全体が車体内側にちょっとだけオフセットされてポップアップするのがポイント。これで、センターコンソールなど車内のどこにも干渉することなく、スムーズに回転操作が可能。リヤシートと回転したフロントシートの間が、リラックスできるダイネットに変身。対面着座ができるようになるのだ。

適応車種は、車中泊のベストセラー車種である、ハイエース200系(DXは除く)の他に、ステップワゴンやボクシー、デリカD5と人気車をラインナップ。さらに、近日N-BOX用も発売予定。空間の限られる、軽ワンボックスに、新たに有効スペースが生み出されるのだ。

さらに、WHITE HOUSEでは、フロントガラスと運転席と助手席の窓枠にスリムにマウントできるシェードを開発中。網戸のような感覚で、折りたたまれたシェードの開閉が可能。

特にサイド用は、前方のガラス傾斜角度に合わせてシェードが変形しながら開閉するという、かなりナイスなギミック搭載。極めてスリム&スムーズな仕上がりとなっている。開発段階なので、ハイエースキャンパーはWEBで正式発表をチェックしておくべき逸品だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る