MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/01/31
  • MotorFan編集部 山田 俊輔

褒めるところが多すぎる! 噂の新スクーター「ヤマハXMAX ABS」

642,600円、1月25日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
TMAX530、SMAX(マジェスティS)、NMAX155/125、そして今回登場した249ccのXMAXまでも、ヤマハ系スポーツバイクの血脈はしっかりと継承されていた。
(PHOTO:山田俊輔)

日本国内において250ccクラスのスクーターが新たに登場するのは、ホンダ・フォルツァSi(2013年7月発売)以来。ヤマハ車でもマグザム(2005年発売)やマジェスティ(最終型は2009年発売)からかなり時間が空いておりと、お久しぶりな印象である。

どれだけの技術の進化を体感できるか楽しみな一方で、先入観を持たぬようにと、今回はあえてメーカーのリリースには目を通さずにこの新型XMAXに乗ってみた。

第一印象は「軽い」、これに尽きる。

停車するとき、曲がるとき、押し歩くとき、従来の250ccスクーターで感じていた「よっこいしょ感」がそれほどなく、取り回しやすく疲れにくい。スロットルを開けるとエンジン回転は滑らかに上昇し、ちょっぴりスポーティな味付けで速度のノリも良い。駆動系の変速回転数は6000rpmを超えたあたりといったところで、走行中のエンジン音、排気音共に雑味はなく、ジェントルな音色に心地よさすら感じた。これらに加えて、足周りもしっかりと仕事をしているおかげで、直線もコーナリングもストレスフリー……というよりもとにかく乗りやすい。市街地のみの走行だったが不安感は一切なかった。唯一の難点は足着き性の悪さである。筆者の身長は180cm、国産モデルのスクーターならほとんどの場合で両かかとまで接地するが、このXMAXは足の裏半分程度が着く程度。なので小柄な人は片足しか着けないかもしれない。


試乗後、プレスリリースに目を通す。答え合わせである。
まずは車体周りから。

●軽量ボディを支える新設計フレームとモーターサイクルタイプのフロントフォークなどによる機敏な走行性能 (メーカーリリースより)

解説→新設計の軽量タイプのフレームの採用によって、「マジェスティ(JBK-SG20J)」と比べて9kgもの軽量化に貢献。フロントフォークは、ヤマハスクーターでは初となるトップブリッジまでフロントフォークが繋がるモーターサイクルタイプのテレスコピック型フォークを採用。これに加えてホイールも、250ccクラスのスクーターでは13インチホイールが主流な中、フロント15インチ、リヤ14インチとしている点も、安定性に大きく寄与している。



お次はエンジン。

●加速性能と環境性能を併せもった新設計"BLUE COREエンジン" (メーカーリリースより)

解説→ 今回のXMAXにはヤマハ独自のBLUE CORE思想(※)によって開発された249ccのBLUE COREエンジンを搭載。アルミ製鍛造ピストン、DiASilシリンダー、オフセットシリンダーなどの採用によって、高効率燃焼を高めると同時に、高い冷却性、摺動ロス低減も実現。クラス最高レベルの加速性能に照準を合わせているという言葉の通り、インプレッション時には従来の250ccスクーターから一つ頭の抜きん出た印象を確かに感じられた。
また、ヤマハ製スクーターでは初となる一体式鍛造クランクシャフトの採用も特筆点。これによって、プレーンベアリングによるクランク軸受けが可能とし、エンジンの軽量化、コンパクト化、摺動ロスの低減など様々なメリットも。メカノイズが少ない点も、この一体式鍛造クランクシャフトによる恩恵であると考えられる。
※"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想のこと。これに基づき、高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして開発されたエンジンをヤマハでは「BLUE COREエンジン」と呼んでいる。


今回の試乗を振り返ると長所ばかりが目立ち、筆者自身も褒めすぎでは?とやや不安になってしまったが、総合的に見るとやはりXMAXはよくできている。新設計の軽量フレームとパワフルなBLUE COREエンジンとのマッチングが良好で、プレスリリースの文言どおりの走行フィーリングをしっかりと体感できた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る