MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/03
  • MotorFan編集部

クルマのバッテリーも「スマホで管理」の時代です【ジャパンキャンピングカーショー2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
作業は本体をバッテリーターミナルにつなぐだけ
2月2日〜5日までの期間、千葉県の幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場で見つけたのは、キャンピングカーにはもちろん、クルマ、バイク、ジェットスキーにも使えるバッテリー用便利アイテムです!(PHOTO&REPORT:近田 茂)

バッテリー状態が表示されるスマホ画面の一例

キャンピングカーといえばホワイトハウスといってもいいくらい有名だが、その傘下の株式会社TCL ブースで見つけたのは、スマートフォン(以降スマホ)を用いてバッテリーの状態を確認できるアイテムだ。その名も「CTEK バッテリーセンス」である。
これは12V 鉛バッテリーで使える製品。モニターしたいバッテリーのプラスマイナス端子に接続しておくだけで、ブルートゥース通信でスマホと連携できる代物だ。価格は税込みで1万2960円。

スマホに専用アプリケーションをダウンロードし、バッテリーセンス本体とペアリング。これでバッテリーの充電状態がスマホの画面に表示されるようになる。バッテリー残量が少なくなるとスマホへの通知もこなす他、3ヶ月分の状態保存もしてくれるので、コンディションの克明な把握に役立つというわけだ。
なお、バッテリーの電圧低下時やスマホとのペアリングが一週間無かった場合に自動でお知らせする機能も備えている。

バッテリーメーターを後付けせずに、クルマのインストゥルメントパネルをスッキリ仕上げたい、そう考える方にはこの「バッテリーセンス」は最適な一品だろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る