MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/04
  • MotorFan編集部

CTEK走行充電システムでサブバッテリーを優しく管理!【ジャパンキャンピングカーショー2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
充電電圧を自動で制御。
2月2日〜5日までの期間、千葉県の幕張メッセで開催される「ジャパンキャンピングカーショー2018」。会場で見つけたのは、バッテリーをつねに適切に充電し、しかも温度センサーによる管理で優しいCTECの走行充電システム「D250SA」に注目!(PHOTO&REPORT:近田 茂)

キャンピングカーに多彩な機能(装備)を持たせると、それらを稼働させるための大きな電力が不可欠になってくる。基本的にクルマ(エンジンに)は発電機が備わっており、走行時に発生した電力をバッテリーに蓄えることができるのだが、この際に大切なのは、この走行充電をいかに高効率化できるかである。

ここで紹介するCTECの「D250SA」は、サブバッテリーを適切な電力・電流で走行充電するシステム。5ステップの充電プログラムを持ち、状況に応じて昇圧制御も含めて常に適切な充電を選択するのが特徴。仮にソーラーバッテリーを装備していた場合でも、レギュレター不要で取り付け可能。
温度センサーも装備されておりバッテリー状況を診断しながら、つまりバッテリーを痛めないように労りながら急速充電できるのだ。始動時の電圧急変が懸念されるアイドリングストップ車にも対応する。
 最大20Aを出力できるD250SAは4万6440円也。これにSMARTPASS120(5万760 円)を併用すると最大140Aを出力可能。逆にサブバッテリーからメインバッテリーに電力供給してエンジンスタートを補助する機能もある。

D250SAの隣に展示されていた、高性能充電器XS7.0JP (価格は2万9160円)、こちらもなかなかの優れもの。家庭電源を使用する一般的な充電器であるが、バッテリーに優しい7ステップ充電をフルオートでこなす優れもの。バッテリー車載のまま充電できる手軽さと、すべての12V 鉛バッテリーに対応する懐の広さで幅広く活用する。ちなみに50Ahのバッテリーなら約80%までの充電時間はおよそ6時間となる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る