MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/06
  • MotorFan編集部

超速報!!?「ホンダ新型クロスカブ110」を発売前に試乗!

クロスカブ110 :33万4800円/2018年2月23日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月23日に発売が決定したクロスカブ50/110だが、発売前ながらも110ccモデルに試乗する機会を得た。試乗した印象は、大雑把にいうならスーパーカブ110と同じ。ただじっくりと乗り比べるとキャラクターにいくつかの違いを感じ取れた。(REPORT:近田 茂 PHOTO:山田俊輔)
ハンターカブを意識したデザインはノスタルジーな雰囲気がよく似合う。

最新クロスカブ110 に一番乗り! 昨年10月にフルモデルチェンジされたホンダのスーパーカブ。50と 110。そして配達業務向けにリリースされた積載性に優れるカブプロも一緒に11月10日新発売。やはり日本生産となったことに加えて、デザイン一新の影響も大きいのか、市場では想像以上にカブ人気再燃。中でも2017年の東京モーターショーに参考出展されていた新デザインのクロスカブに対するラブコールも大きく膨れ上がっていた。

何しろ見るからに遊び心満載のデザインがオシャレで可愛らしい。そんな待望のモデルが昨日(2月5日)ついに正式なリリースが発表された。2月23日から年間5200台の販売計画で新発売されるのである。ちなみにクロスカブ50はスーパーカブ50より6万円程高い29万1600円。クロスカブ110 は33万4800円也。

さてそのルーツは1964年デビューの90トレイルCT200 に行き着くが、良く知られているのは1980年以降世界各国で販売されてきたハンターカブである。クロスカブはその血統を受け継ぐ最新モデルだ。搭載エンジンはスーパーカブ50/110それぞれと基本的に同じ。水平に伸びたダウンタイプのマフラーも同様だがスリットを開けたマフラーのヒートガードはハンターカブのそれを彷彿とさせた(ハンターカブはアップマフラーではあるが)。
また何よりもレッグシールドを廃し、アンダーボーンフレームをシッカリと骨太なイメージに見せたカバーリングデザインが個性的。フレームマウントされたLED ヘッドランプ周囲のキャリアとガードや持ち手を兼ねる細いパイプワークも、機能的部分とヘビーデューティなイメージが強調されて明るいカラーバリエーションも含めてなかなか魅力的だ。

今回は都市部市街地のみでの試乗だったが、スーパーカブ110やスーパーカブ110プロとも異なる印象が実感できた。もちろん基本はスーパーカブに近似。前後に17インチホイールを履くもフロントのジオメトリーや、ギヤ比(2次減速比)が若干異なり、独自のチューニングが施されていた。装着タイヤはタイランド製IRC のGP-5。80/90-17は前後同寸。トレッド面にストレートグルーブはなく、非対称の異形パターンが印象的なセミブロックパターンが採用されてオフロードイメージを演出している。

そして何より違うのは、全幅が795mm にも及ぶワイドなパイプアップハンドルの採用だ。前述のタイヤは、綺麗な舗装路では、やや粘着質な転がり感を覚える。基本的には直進性を僅かに強めているようだが、タイヤのせいかバイクが直進やコーナリングラインを主張するタイプではない。感覚的には直進、旋回時共に扱いはとても軽快で自在なコントロールを利かせられる感じだ。
そのためスタンディングスタイルでちょっと道を外れてみたい気分になってくるから不思議。とことこと自然散策してみたくなってくるのだ。
太い溝が掘られたブロックパターンはダートでも心強い。普段の舗装路でも、縦溝の影響が少なく軽い操縦性の割に落ち着きも感じられるから路肩等でも安心して走れた。

ラバーステップは可倒式だし。前後マッドフラップの装備も心強い。なにも本格的にオフロードをガンガン飛ばして走ろうとは全然思わない。でも舗装路を出て自然の大地に足を踏み込むような場面でも躊躇しないで走れてしまう。そんなオールマイティな乗り味がちょうどイイ感じなのだ。

フロント右ブレーキレバーにはロック機構が装備されていて、サイドブレーキを掛けられる。凹凸や傾斜のある山道でサイドスタンドを掛ける時も、これを使うと安定性が高められるから転倒リスクも減る。

それにして改めて感じられたのはスーパーカブ110のそもそもの素性の良い出来映えだ。快適なシートは長距離でも座り心地が良く疲れない。走りは速すぎず、決して遅すぎない。穏やかにして十分なトルクを発揮しながらスムーズに吹き上がる出力特性は抜群。
変速ショックも少なく小気味よい加速を続けられるのだ。

今回のクロスカブも全く同じようなフィーリングだが、例えば失速したような時、本来はシフトダウンすべきところを不精した様な場面で、ノーマルカブよりも気のせいかネバリ強い雰囲気を覚えた。     

車重は7㎏重い106 ㎏あるが、総合減速比が少しばかり低くなったことで、そう感じられたのかもしれない。そんな柔軟な乗り味もクロスカブの魅力的な持ち味と言えるのだ。そして何よりもこれに乗ることで、日常から開放された休日気分を盛り上げてくれることは間違いない。その楽しみ方はまさにオーナー次第というわけだ。

フレームマウントされたLED 式ヘッドランプ。色々使えそうなライトガードの存在がクロスカブらしい個性を主張している。ちなみにカブプロのライトガードとはデザインが異なる。
シンプルで見やすいスピードメーターはカブプロと同じタイプ。めやすとして各ギヤの守備範囲が目盛られているのも同じだが、目盛り等のパネルデザインはオリジナルだ。

カブプロと同様のステアリングヘッド。クランプ式なので社外製ハンドルへの交換も容易。
スイッチ類はスーパーカブと同じレイアウトが採用されている。ただしスイッチボックスとミラーステーは別体式のオリジナル。厚手のウインターグローブでも扱いやすい。

搭載の空冷OHC エンジンはスーパーカブ、カブプロ、クロスカブともに同じ。右クランクケースカバーの前下方にあるのが新採用のカートリッジタイプのオイルフィルターだ。
右側はセルボタンのみ。ミラーステーも別体式が採用されている。クロスカブオリジナルのデザインだ。

ダウンタイプマフラーのヒートガードはスリット入り。専用ショックのコイルスプリングとハブ& リムはブラックアウトされている。
黒いサイドカバーにはCC110 のロゴ。カバーは基本的にはプラスドライバーで扱うビス1 本で開閉可能。しかし左右共に、僅かな書類等の収納スペースとなっている。

チェーンケースは黒仕上げでシルバーの角形スイングアームと対照的。意外とこれが目立つ。
スーパーカブと同じデザインのリヤキャリアだが、黒く仕上げられ差別化されていた。

記者は身長170 ㎝。シート高は784mm と高めだが、前が細くなる独特のシート形状で足着き性は文句ない。
ご覧の通り、両足は踵まで地面をべったり捉えることができた。ライディングポジションもユトリのある感じで、ライダーがアクティブに動くにも好都合なものだった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

関連キーワード


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る