MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/12
  • MotorFan編集部

フォルクスワーゲンの次期トゥアレグ、3月23日に北京で発表!

新たな道を切り開く: フォルクスワーゲン 新型トゥアレグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
3月23日に北京でワールドプレミアされる次期VWトゥアレグ
フォルクスワーゲンは新年度を新型トゥアレグの公開とともに迎えるつもりだ。同ブランドのフラッグシップモデルとしては最大規模となるモデルキャンペーンの大きなマイルストーンだ。最新のトゥアレグは表現力あるデザイン、革新的な技術、そしてダイナミックなハンドリングを誇る。フォルクスワーゲンはこの新型を今最も成長しているSUV市場の地、中国にて初公開する予定だ。

フォルクスワーゲンのモデルレンジのなかでの中心的な存在として、トゥアレグは同ブランドの立ち位置をハッキリさせる。フォルクスワーゲンデザインのクラウス・ビショフ(Klaus Bischoff)氏及び彼が率いるチームが手がけた表現力あるデザインは非常に個性的なものになっている。それだけではない。 さまざまな革新的なドライバー・アシスタント・システムがドライバーに最大限の安全性と快適性を提供する。クラス内では最大級となるデジタルコックピット表示「イノ-ヴィジョン コックピット」は新たなインフォテインメントをもたらす。加えて、コネクティビティ技術により運転するインターネット・ノードとしてもあれる。またドライブトレーン、エアサスペンション、後輪操舵技術からロールスタビライゼーションすべてが新型トゥアレグのダイナミックなハンドリングを可能にする。
この3代目となるトゥアレグで、フォルクスワーゲンは先代のモデルで収めた成功をさらに追い求めるとのことだ。同車が位置する大型SUVセグメントは今最も成長しているクラスのひとつであり、例えば中国では2023年には市場規模が約2倍になる。トゥアレグは2002年の初代モデルのデビュー以来、合計100万台の売り上げを誇るだけでなく、2009年〜2011年のダカール・ラリーでの勝利をはじめとした様々なオンロード/オフロード ラリーで活躍し、そのパフォーマンスパワーとドライビング性能を見せつけてきた。その遺伝子を引き継ぐ3代目は2018年3月23日、中国 北京にて世界初公開される予定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る