MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/14
  • MotorFan編集部

新型メルセデス・ベンツAクラス:トランスミッションは、2種類の7速DCT。ひとつは内製、もうひとつはゲトラグ製だ

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドプレミアされたばかりの新型メルセデス・ベンツAクラス。「コンパクトクラスのモダンラグジュアリーを”再定義”する」とメルセデス・ベンツが謳う最新作。おそらく、「打倒、VWゴルフ」が新型Aクラスに与えられた役割のはず。ここでは、新型Aクラスを詳しく解説していこう。

次はトランスミッションだ。
新型Aクラスのトランスミッションは、2種類の7速DCTを設定する。
A250(M260型2.0ℓ直4ターボ 224ps/350Nm)用は湿式のデュアルクラッチを使う。これが前型からキャリーオーバーしたDCTだが、シフト・パフォーマンス、変速時間をフリクションの最適化やヒステリシスの低減で改善している。エンジンとトランスミッションの協調制御も一新された。シフトモードは、ECO、Comfort、Sport、Individualの4モードだ。

A200(M282型1.33ℓ直4ターボ 163ps/250Nm)は、湿式デュアルクラッチ式の同じく7速DCTを新規で採用する。乾燥重量は67kg。こちらも、シフトモードは、ECO、Comfort、Sport、Individualの4モードだ。このトランスミッションは、ゲトラグと共同開発したもの、と資料にはある。特徴は、クラッチは、電動油圧で制御し。ギヤシフトは、電動アクチュエーターが行なう点だ。これは、ルノーが主に採用する小排気量向けDCTで、ゲトラグの「7DCT300」をベースにしたものだろう。ギヤ比については、両DCTとも未公表だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る