MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/21
  • 「東新宿交通取締情報局」

続報! 国道17号線北本の燃えた新型オービスは、やっぱり放火だった件!【交通取締情報】

現在、稼働停止中!

このエントリーをはてなブックマークに追加
それにしても高さ3mのポール上に設置されたオービスに放火するなんて気合いの入った悪戯だ。
2月初旬、放火されたと思われる新型オービスのニュースを当WEBでお伝えしたが、ある筋によると「損傷の仕方を見ると、放火ではなく内部バッテリーの発火によるものではないか」という意見もあった。設置位置を考えれば悪戯とは考えにくい面もあったからだ。ところが、埼玉県警に問い合わせてみたところ、やはり放火だったことが判明した!?

以前にも国道43号線精道町のオービスが放火された事例はあるし、これまた国道43号線のループコイルオービスにいったてはまるごと盗まれちゃったこともあるだけに、放火を疑わなかったが、果たして3mもの頭上にあるオービスにどうやって放火したのかという疑問が残っていたことも確かだ。

そこで浮上したのがスマートホンでもおなじみの内部バッテリーの発火によるものではないかということ。主電源は外部からとっているものの、データのバックアップなどで内部バッテリーは不可欠だけに、可能性がないわけじゃない。状況的にこっちのほうがつじつまがあうってものだ。

が、もしバッテリーの仕業だとしたら、今後のセンシスSSSの導入に暗雲が立ちこめるということ。警察の生活道路での速度取り締まり方針にけちがついてしまうからだ。

ところが、実際に埼玉県警交通指導課に問い合わせてみたところ、「くわしくは言えないが、内部的な理由ではなく、外部からの放火です」とのこと。

ちなみにこの受難オービス、現在は黒いカバーで覆われ、完全に稼働停止中だとか。

果たして警察の取り締まりに対する意趣返しなのか、それとも通りがかりの出来心による悪戯なのか。情報が入り次第、報告します!

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る