MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/20
  • 遠藤正賢

【新型スズキ・スイフトスポーツ試乗 MTvsAT】BMW Mを思わせる望外に高いGT性能。ノーマルのまま乗るなら6速AT車を選べ!

本気でワインディングやサーキットを走るなら6速MT車を買って、まずはLSDとクイックシフトの装着、ブレーキのチューニングから

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型スイフトスポーツ6速MT車の運転席まわり

新型スイフトスポーツは、従来からの美点であるワインディングでの軽快な走りも大幅に進化している。だが、最も楽しく快適に走れる場面は、高速道路を主体としたロングツーリングである。6速MT車の方が若干ワインディング向きではあるものの、ロングツーリングの方がより適しているのは6速MT車も6速AT車も変わらない。

新型スイフトスポーツのラゲッジルーム

そう、新型スイフトスポーツは、「ホットハッチ」と言うよりもむしろ「GT」と呼んだ方が相応しい性格の持ち主である。しかも、ピュアスポーツカーではなく乗用車をベースとし、必要最低限の後席と荷室のスペースを持ち、適度にルーズで疲れにくい操作フィールを備えるという点を含め、BMWの「M」に極めて近い。

スズキは新型スイフトスポーツを含め、過去のモデルにおいても「BMW Mの走りを目指しました」とは公に発していない。だが、「BMW Mの走りを目指しました」と公言しつつ、その走りには遠く及んでいない数々のプレミアムスポーティモデルよりも、遥かにその領域に近い場所へたどり着いている。

しかもその価格は、6速MT車が1,836,000円(セーフティパッケージ装着車は1,922,400円、セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車は1,980,720円)、6速AT車が1,906,200円(同1,992,600円、2,050,920円)と、20歳代の若い社会人にも手が届きやすいレベルなのだ。

軽自動車ですら200万円を超えることが珍しくなくなった昨今、Bセグメントでしかも付加価値の高いスポーツモデルにおいて、この圧倒的なコストパフォーマンスの高さは、掛け値なしに奇跡と言える。もっともそのおかげで、その後に発売されたスズキ車が相対的に高く感じられるうえ、ホットハッチとしてのスイフトスポーツの立ち位置が不明瞭になったというジレンマも抱えているが……。

そんな新型スイフトスポーツは、ノーマルのまま乗るならば、またワインディングやサーキットを走る機会が少なく、長距離を走る機会が多いならば、AT免許でも運転でき、イージードライブも可能な6速AT車の方が、その高いGT性能、万能性を享受できる。だが、ワインディングやサーキットを本気で走りたいという人は、不満を抱いた点をチューニングしていくことを大前提として、6速MT車を選ぶべきだろう。

日本はもちろん世界中で「若者のクルマ離れ」が叫ばれて久しいが、今やクルマ離れは若者だけの話ではない。そんな中で登場した、この奇跡のようなコストパフォーマンスを持つホット……いやGTハッチの新型スイフトスポーツを、1人でも多くのドライバーが所有することで、クルマ好きが1人でも増えてくれることを心から願う。

さらに欲を言えば、スズキには現状のスイフトスポーツの走りのまま、中高年のドライバーが乗っても恥ずかしくない落ち着いた内外装を持つ「GT」と、エンジンの高回転高出力化、6速MTのシフトストローク短縮、LSDの装着、足回りとブレーキのさらなる強化を施した「ワークス」を追加設定してもらいたいところだが……。

Specifications
スズキ・スイフトスポーツ セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車(6速MT車/6速AT車)
全長×全幅×全高:3890×1735×1500mm ホイールベース:2450mm 車両重量:970kg/990kg エンジン形式:直列4気筒DOHC直噴ターボ 排気量:1371cc ボア×ストローク:73.0×81.9mm 圧縮比:9.9 最高出力:103kW(140ps)/5500rpm 最大トルク:230Nm(23.4kgm)/2500-3500rpm JC08モード燃費:16.4km/L/16.2km/L 車両価格:1,980,720円/2,050,920円

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る