MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/02/22
  • MotorFan編集部 西内 辰夫

5年連続で25万人突破!! 東京ゲームショウ2018開催で、eスポーツがブームに?

2018年9月20日(木)〜23日(日)の4日間、千葉県・幕張メッセで開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、「eスポーツ」の話題が目立つ。「ゲームがスポーツ?」という意外性に対して賛否の声があるが、世界的な企業の進出によって優勝者には桁外れの賞金が用意されるなど、大きな盛り上がりを見せている。ということで、東京ゲームショウ2018開催発表会で、クルマ視点によるeスポーツの可能性について考えてみた。

日本の「eスポーツ」仕掛け人は、東京ゲームショウだった。

2月22日、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、日経BP社の共催のもと「東京ゲームショウ2018」(以下、TGS)を、9月20〜23日の4日間、幕張メッセで開催することを発表、出展申込の受付もスタートした。

TGSは4日間で25万人が来場する人気イベントで、ビジネスデーとパブリックデーに分けて開催。海外からの出展も多く、会場は活気に満ちている。

CESA会長の岡村秀樹氏は一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)代表理事も兼任。eスポーツ普及を目指す。

TGS開催発表会の壇上に立ったCESA会長の岡村秀樹氏(セガホールディングス代表取締役社長)は「東京ゲームショウは今年で28回目を迎え、出展して良かったと思われるイベントにしたい。来場者数は25万人で定着し、出展企業は600社を越えた。半数以上は海外からの出展となり国際的なイベントになった。東京ゲームショウの発信力が強くなり、日本がゲーム文化の中心になっている。今年も色々な話題作りをしていきたい」と語った。

「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略称で、最近は巨大会場に大観衆を集客して行うリアルイベントが脚光を浴びている。このeスポーツの話題作りはTGSが発信元となってeメディアプロモーションを展開。その結果、テレビや新聞、雑誌など、あらゆるメディアでeスポーツが紹介された。そう、日本の「eスポーツ」仕掛け人は、東京ゲームショウだったのだ。

TGS 2018は『新たなステージ、開幕。』をテーマに掲げ、eスポーツ大型ステージ「e-Sports X(クロス)」の会場拡大やイベントの拡充を図る。また、eスポーツのほか、ネット動画の配信、国際化、そしてVR=仮想現実・AR=拡張現実・MR=複合現実など新技術へのフォーカスという4つのポイントでイベントの魅力を増していく。

ネット動画の配信については、2017年度実績で、のべ視聴回数が600万回を突破。国際化という点については、TGS自らが海外の国際ゲームイベントに出展、協力することで海外のネットワークを強化して出展者と来場者の増加を図っていく。これは、BtoBの視点でも同様だという。

TGSの出展は、原則として家庭用ゲームに限られているが、「VR・AR・MRについては、アミューズメント向け製品やサービスの出展もOK」という。アミューズメント向け製品やサービスとは、ゲームセンターなどに設置される機器やサービスのことで、こうしたハードウェアの展示が増えれば、会場でしか体験できない発売前のゲーム機が体感できる可能性が増え、パーソナルデーの人気がより高まっていくことだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る